categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category未分類

別IDで活動中 大阪の偽造詐欺師 詐欺師にはご注意を

trackback0  comment0
 大阪の偽造サイン詐欺師Osamu_accent_sun。ただ今、別のIDのt1728349にて偽造サインを大量出品中です。こちらは兵庫となっており、これまでも偽造サインを売っていました。それ以前にも。
 
 
 もっと別に書きたいこともありましたが、相変わらず、偽造サインを出しているので(ちなみに全て偽造サインです)。普通に漫画家のサインを偽造していたので必ずやっていると確信していましたが、やはり芸能人などの偽造サインも大量に出していました。芸能関係者では全くないのでお気を付けください(そういうルートで大量に売っていればすぐにわかりますー本物なら)。全て偽造サインです。
 
 
 こうした輩がいるので近年は書く方もいろいろ気を使っています(それゆえ不自然な偽造はすぐにわかります。こういうのは割とそちらはうるさいです。大量に流している人間がいればすぐにわかります)。こちらでも結構出してきました。これで大阪、愛知、兵庫を語って偽造サインを大量に出品していました。残念ながらあのへたくそな偽手塚サインを落札してしまった人がいましたが(恥ずかしいですよ、あんなもの飾るのはー偽造ものを)。
 
 
 被害総額は推定1500万以上からという額です、1年で。これだけ悪質なのにほったらかし状態でヤフーは何をしているのか、少なくとも3つのIDで偽造サイン色紙を大量に出していました。愛知ではkey0623face、兵庫では他より低めから出しているt1728349、そして偽物でよく知られた大阪のOsamu_accent_sun(こちらだけで軽く1000万以上ー月で100~150万弱くらいから~でしたので)、全て同一の偽造サイン詐欺師によるものです。こちらの兵庫のものはあまり知られていなかったものと思われます。上の2つが難しくなったためか、こちらでも結構出し始めました。それ以前のものを合わせれば3000万以上にはなっているかもしれません、被害額が。
 
 
 のうのうとこうやって、大阪、愛知、兵庫を語って偽造サイン色紙を毎月売りさばいているのです。その地域の印象も悪くなってしまうので(偽を大量に売りさばいているとー大阪、愛知、兵庫で売っているものは偽物が多い位という印象もついてしまうのでー普通にお店で売っていても買う方も躊躇したり、距離を置いたりもします)、こういう悪辣な奴は追放するべきですが、本来は。というよりも、あちらにGOのはずですが。お気を付けください。
スポンサーサイト
category未分類

9月も残暑 電力会社のウソ

trackback0  comment0
 9月に入っても残暑、まだ暑い日は続いていますね。8月は冷房を使わずに今年も済みました。慣れればどうってことはありませんが、無理は禁物です。
 
 
 さて原発再稼働なんちゃらといろいろありましたが、実は節電要請見込みが多分に課題であり、裏でそうしたところのバックアッパーが働きかけていたこともあり、やたらと原発がなくなるとなぜか電気量2倍というようなものばかり出ていましたが、実際に普及が進んでいれば寧ろ今よりも抑制的になるという値も別に出ています。
 
 
 原発がなくなれば(全て今停止すれば)実は国民の生活が苦しくなるというのは大嘘であり、今は火力などのものやそれに伴う燃料高騰などにより電力会社がひっ迫しているのが一番の理由のようです(実は原発再稼働なしでも余裕はありました。これも多くの人の節電などのおかげです)。自分の胸の内が苦しいから電気料金アップをというのが真相のようです。そのくせ、何ら通常のような経営努力はせずに独占という名の胡坐をかき、電気量に自らの利益分を上乗せして徴収してきたのがこれまでの実態で、さらにこれまではとんでもないものまで経費などに入れていました。
 
 
 今も一番恐れているのは独占がなくなることや自分たちの利益が圧縮されるということでしょう(そのためにこれまでも分離などには頑なに拒否したりしてきました)。通常なら電気料金を上げるという選択肢の前に自らの余剰財や人件費などを削減するのが当然ですーそれらをなるべくせずにということも見えるのがいやらしいですー東電以外のところも。
 

 仮に原発を0ということを視野に入れているのなら、50年後以上経っても実現されないであろう核融合などのでたらめな膨大な研究費も無駄ですーなぜ未だに続けているのか(原発大国のアメリカですら撤退しているのに)。そもそも実現できるのかも相当あやしいのですー現実的な実現可能性すら全く見えないのが今の現状です。まず炉が負荷に耐えられるような持続性を持ち得るかすら不透明です(直接中性子がバンバンと、ということもあり、その負荷は今の原発の比ではありません)。
 
 
 普通の会社なら何とか維持をともっと努力するでしょうー電気量を上げないようにと。そうした思考が見えません。仕方がないから、ということで通そうとしています(東電の値上げも)。政治化してしまったこともあり、再稼働のハードルも上がっています(再稼働ありきで考えているからこそそれができなければ、ということに苦慮しているのです)。
 
 
 何事もなかったかのように、というのは今では無理です。その辺りもっと思慮も必要でしょう。
category未分類

夏の集中力

trackback0  comment0
 最近、夏らしく暑くなってきました。個人的に若い人には暑さに耐える工夫も伝えたりもしていますが、こういう時には集中力が違ってきます。とかく、外にいる時など暑いとだれますし、集中力も欠いたりしますが、普段から慣れているとこうした時でもいい集中力も保てます。
 
 
 冷房の効きまくったところにいてもこうはなりません。冷房のない場所も多いですし、近年は自己調節機能の弱まった人も多く見受けられます(冷房ガンガンというのもその一要因ですがー一程度の年齢をオーバーすると、特に高齢者だとその力は弱まりますー暑くても危機を危機としてなかなか認識できない人もいますー発散機能も弱まっているので暑さには思っている以上に弱い層もいます。ほどほどに、無理なく過ごしましょうーそうした人たちは冷房や適度な水分補給などは大事ですー特に年齢をゆくとあまり喉の渇きを感じなかったりもしますので、それなりに扱ったら一定時間で水分を補給するというのもいいでしょう。1時間に何回という具合にでもー熱中症は家の中にいてもかかりますので)。
 
 
 無理する必要はありませんが、慣れると寧ろ外の方が涼しく感じられることもあります(そんな時はふと、野生に暮らす動物たちもこんな感じかと微笑ましく思いますが)。それはそれで自然に調節しているので気分はいいですが。たまには少しの時間我慢してみるのも良いかもしれません。冷房などをつけずとも冷温もののシートや枕などを使っても意外といけますし(私はそれすら使わず、ごく自然に近いですが。ただ試したことはあり、なかなか気持ちいいですが)、慣れれば少し暑さで集中力を欠くことも少なくなっていきます。たまには一工夫するのも良いかもしれません(家計にも優しいですよーエアコンなど冷房などは最も電気を使うものの一つでもありますので)。
category未分類

FBAヤマトセール外的変化の有無

trackback1  comment0
 さて、久々に更新です。たまには戻して。少しの間にFBAの手数料値上げ発表もありましたが、これはかなり近いうちに行われると思っていたので、個人的には想定内です。このところ、Amazonはいろいろとせわしく動いていたので、倉庫などの移転などとともに、そうしたこともあるだろうと思っていました。
 
 
 Amazonの既存倉庫がかなりのキャパをFBAなどに取られ、予想以上に多く入ってきていたため、新規参入も難しく、既存で手一杯の中で倉庫移動などのやり繰りでより柔軟にという形でしたが、これは出品している側にはお金はかかりませんが、Amazon本体には人件費・移転費・構築費など含め、それなりのお金がかかっています。これをそれに見合う所に要求すれば数の多いところはそれなりの額になると思いますが、それをやらないだけでも御の字どころか神様のようなものです。
 
 
 もともと各倉庫はかなり大きなものですが、それでも膨大な数が送られてくるため、いっぱいいっぱいの状態でした。これははっきり言ってFBA利用者が増えていたのと、一人一人がそれなりの数を送っていたのに加え、なんでもかんでも全部FBAへという人たちもいて、低価格でもなんでも少しでも利になればという形で大量に送りつける人たちや代行などで中を見合わずにそのまま低価格ものも膨大に送り、その結果、常に満杯のようなキャパギリギリ近くの状態に陥り、余裕が持てないような状況でした。
 
 
 Amazonはもちろん、ただでやっているわけではありませんので、本来多く入ってくるのは喜ばしい面もあるものの、それに見合うものであるのかというのはやはり考えもので、トータルでとは考えるものの、全体の負荷を考えれば好ましい状況ではありませんでした。薄利もの主体でなくとも荷物が送られてくる量が多ければ多いほど反映されるのが遅くなり、日数もかかったりするので、それらが積み重なればやはり他のFBA出品者にも負荷がかかります。

 
 これは、という形でAmazonは日本でもこの形を始めましたが、トップの意向も含め、彼らは基本的に物流の効率化も目指しているのでそのためにはやはり適度に動くものをということも考えるので、安くてもてあますようなものやあまりにも低価格のものを扱うには利があるかというようなもの恐らく考慮し、一定以下のものの切り捨てという形で敢えて、値上げもしたものと思われます(もともと1年間は試験期間のように考えていたようにも思えますーそれでいて一程度のデータで状況は見れたので、その部分をということもあるでしょう)。またある程度は一定期間で見直しということは視野に入れていたと思います。

 
 これまでがかなりおいしすぎたので(これはAmazonそのものがまるごと物流システムの恩をその地位により多く得ることができるということあっての他にはまず真似できない離れ業でしたーそれがゆえの強みでもあり、自らを引き受けに、同時にAmazon内のバリエーションを確保するということもあったかと思います)、頼り過ぎていた面も多々あったかと思います。
 
 
 一つ一つは小さな額ですが、特に薄利多売で低価格のものも多く扱っていたりすると大打撃となる場合もあります。ただ、もともと、システム規約は向こうで変えられるものでもあり、それに一定の承認も既にしているので、そこで文句を言っても始まりません(それならなぜパンクしそうになるような状態まで低価格のものを多く送りつけたのだというような話にもなってきますが<FBAだと有利なのだという発想と自分でやるのは面倒、効率化も考えてというのが大半だと思いますがーであるのならばAmazonも考えるとは思わなかったのでしょうか>ーそういう人が多ければ多いほど負荷はかかりますー無限にあるわけでもなく、また安くしたところですぐに動かないものも多々あるのでーFBAなら何でも有利ということはありません。Amazonが制限などをつけたのもわけがありますー本来あまり動かぬようなものを多く送りつけられるのはあまり好ましい状況ではありませんーそのために率も見ているのです)。
 
 
 少しの額ではありますが、手数料は個別に増えます。これまでの手間を考えればやはり已む得ないでしょう。あまりに安いものは自分で出した方が得という状況も生まれます。
 
 
 これに加え、ヤマトもB4などのメール便の廃止を決めました。A4までとなります。これは今まで安く大きな本も送れていたりしたので、影響はあるかと思います。写真集の大きなものや画集のようなもの、美術系などや、大型ムックなどこのサイズのものも少なくなく、それで送れないとなると別の手段を見出さねばなりません。
 
 
 BOなどもセールなどは明らかに頻繁にはやらなくなりました。これはセール目当てに例えば500円セールを主体に買っていたひとにとっては大きな打撃どころか、根本的な転換を強いるものです。もしくはその形では辞めざるを得ないか。
 
 
 BOにとってセールはこれまで毎週のようにありましたが、それは基本的には一時的に売り上げを伸ばしてしのぐような意味合いもあり、特に決算期近くには連発したりもしていました。が、長い目で見ればその頻発は棚枯れ・商品枯れをもたらし、好ましくないという面もあったと思います。一時的には何とかなるものの、頻発すれば質はよほど回転の良いところで常時入れ替えたりできるところでないと落ちますし、しばらく落ちたままということもこれまでも多々あったことを思えば。
 
 
 またシニア層や家族世帯も積極的に引き入れようとしていて、これまでの若者中心の店というイメージからの脱却を図っています。バザーなどはその典型であれはより多くの客層を引き付けるためのものですが、明らかに若者向け中心というような形は減りました。
 
 
 買取にも変化が見られ、これまでは新しい発行のもの、近いもの以外は高くともせいぜい、通常の単行本程度なら150円程度でしたが(一般にはこれすらいかず100円前後も多々あります、いかぬ場合の方が多いですが)、人気ビジネス書などだと1冊で500円ぐらいというところも見られるようになりました。これは明らかな変化で、こうしたものを多く必要としている人がいると見てのものでしょう。もともと薄利多売は得意ですので。コミックの人気本は300円くらいだったりもしますが(買取が)、それでも即売れるので回転率を考えればその値段でも全然行けるどころか主力になっていました。それから見れば少々高くとも売れると見たのでしょう。
 
 
 また新たな層を入れることでプロパーなどでも半額でも安いと感じられるのなら買われますし、明らかに時間にゆとりのある世代も引き入れ、イメージチェンジを考えているように見えます。
 
 
 こうしたことは大きな変化であり、外部の変化ではありますが、ある意味、制度的な変化に近く、こうしたものは少なからず大きな影響は受けます。個別には少なくともその影響は周辺域にまで及び、またその対象者も巻き込むので。Amazonが当初日本に入ってくるのでさえ懐疑的な見方もありましたが、今では書店系ではネットではほぼ日本一のような圧倒的シェアを誇り、当時ここまで爆発的に成功すると見ていた人はそこまで多くいませんでした。FBAも当初はここまで多くはありませんでしたが、1年足らずで激増しました。
 
 
 こうした変化は少なからず影響は与えていますので全く無関係という人はいないかと思います(使っていなくともFBAとは競合しますし)。ただ、個人的にこうしたものがなくなる(マケプレのような)とは思いません。それはジェフ・ベゾス氏(現Amazonのトップであり、創業者)や Amazonの目的・意向からもわかります。それはいずれ語る機会があれば別に話しますが(効率化はその種のことは彼本人も語っていたことです。Amazonの総本部・全世界含めてのトップであるジェフ・べゾス氏が。日本にも来ていましたがーあの巨大倉庫なども見ていったようですー市川の。それとは別にAmazonそのものが目指していることがあり、今現在もそちらの方向に向かっています。まだまだと感じているでしょうが、まだまだ伸びる要素も大きいということです)。 
 
 
 変化に対してどのように向き合うかは大事です。これからも新たな参入や別の新展開も考えられます。柔軟な姿勢が求められるでしょう。
 
category未分類

冷房使わずもうじき8月

trackback0  comment0
 冷房(エアコン)を使わずにここまでやってきました。もう7月終わり近くです。暑い日もありましたが、乗り切りました。少し涼しい日があったのも幸いでしたが、最近は少々の暑さでも涼しく感じる時すらあります。
 
 
 なぜかというのは別に脱原発からとか節電からとかいう理由ではありません。
 
 
 福島の友人の手前、そこには負けられないという思いもありますが、継続しているのはもっと積極的な理由で、使わなくともやっていける可能性もあるのではと思っているからです(昔はこうしたことでも何とかやってこれたのです。その昔は私もあっても使っていない時期もありました。気温が大きく変化し、猛暑が続くようになった頃から暑いとふと使ってしまう形でした)。
 
 
 冷房病なども出てきましたし、いい汗もかきにくくなった人もかなり増え、暑さに弱い人も増えてきました。原発うんぬんよりも、現代生活に頼りすぎている反面、人間の身体的な機能では明らかに落ちているのです。
 
 
 電力の有無も含め、そうした空気を醸成することで社会をコントロールしようとしてきた、確かに電力会社+その派生関連利権にはそうした面もありました(今もないとは言いませんが)。敢えて~がというような数字を出すというのはよくある例です(それはからくりで、実は普及かされるであろう新エネルギーなどがあった場合でも考慮されずに計算されていたりします)。今もそうしたことをよく出したりもしていますが。
 
 
 それとは別になくても機能をうまく循環させればやっていけるだろうと思っています。こうした面で、現代人は本当に弱くなりました。しかもいつの間にやらそうすることにすら慣れ切ってしまっていたりして、少しでも暑いと「暑い暑い」となりがちです。そこらは反省も少しあります(ただし、こうした暑さに体性のある体でない場合には熱中症などにもかかったりもします。また高齢者は自分の自己調節がやや体がしにくくなっているため、あまり気づかないこともあり、少し危険が潜んでいますので、無理なく冷房をつけるのも大事です)。
 
 
 この時期、よくスポーツドリンクも飲みますが、がぶ飲みすると糖分などを摂取しすぎてしまいますので注意が必要です。私の場合には必ず、水と組み合わせて交互に飲んでいます(糖分をがばがば摂取しすぎないようにすることも大事です)。
 
 
 暑い時期なので涼しくする工夫も必要で、涼しげな雰囲気を作るのも少し有効です。暑い時期ですが、個人的にはなしでも乗り切れる気はしています。無理は禁物ですが、暑い暑いとばかり言っている人は生活スタイルを少し見直して見ると良いかもしれません。
 

〔テーマ:その他ジャンル:その他

New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。