categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryビジネス

個々に置いての差 Amazonなど

trackback0  comment0
 個々に置いての差などはありますが、売る売れない買う買わないというのは結局持っているものに左右されること大です。
 
 
 例えばマケプレでも月500をゆうに超す人はいますし、1日20万を切らないようにとしている人は知っています(切るとノルマは失敗と見ていたようでしたが)。知っていると言っても何度か見かけたくらいですが。ただマケプレの場合、通常の本で良いと思っても古本レベルでの話であり、ブックオフなどのレベルの比較的新しく綺麗めなものに慣れている人も多く、また客としてのスタンスがやや強いので、悪いや非常に悪いとつけられる恐れもあり、それらのパーセンテージが多くなると若干マイナスイメージを持たれるので全てが全て向いているということはないです。かなり辛辣な評価も実際あり得るので。もとより黒っぽい本であっても。
 
 
 個人個人を比較してもキャパが違うのであまり意味がないですが、そういう人たちも現実にはいるということです。私の知り合いにもめっぽう引きの強い人はいて数秒もかかりません(早い時間はかからず見た瞬間もう次にはヒュンと手にしています)。もちろん、基本ノールックです。機械に頼ると逆に鈍るということで使っていないようです。時折何を持っていたのかを思い出すのに使ったりしているようで用途は人それぞれです(持ってばらけているようなものや、重複していたかもというものや、またはこれはランキングの有無にかかわらずに速かったものー主にどんなのだったのかなどーこうしたものは実際あり、売れてもすぐに100万台とか、80万台とかになっていたりするので見逃しがちですが。ランクなしでも実はそこそこ高く売れるものもあります。ただ、基本時間がかかるものも少なくないので回収を考えれば敬遠したり、比率を人もいるでしょう。ただ彼の場合は、基本見なくてもばんばん手にできますので、基本的に見るというようなことはほとんど必要としていません)。
 
  
 引きが強いというのはかなりの強みで基本困ることはありません。ただ、買いすぎる可能性があるのでセーブが必要なことがあるくらいです。でないと、どんどんものだけが増えていき、とんでもない量になってしまいます。それで山のように埋もれている人も知っています。違うのはそこかしこに「おっ!」というものがあることです。もともとそうしたものが好きということもあるのでしょう、基本的に。
 
 
 売る買うに限らず、好きな人は本当に好きなので好きなので目の肥えている人は多いです。その場合、多く人が集まる中で瞬時の判断が大事だったりします。売る側だとしたら実はこの時の値段が左右します。買われる値段を意識しておかないといつまでも残ってしまうものもあります。状態が良ければ良い値段で買われることもありますが、ものによります。ただ元からボロなものだとボロくてもいい値段になるもありますが、今では昔ほど手に入りやすい環境にはありません。
 
 
 また結局多く持ち帰らなければという負担を考えればいかに減らすことができるのかというのも腕の見せ所です。その流れによりのだいたいの流れはつかめます。個々ではなく、全体比率で考える場合、トータルでもうかれば良いということで個々ではさほどでなくとも、安くても十分回収できる形でこちらの方が回転も回収も早くまとまってある程度欲しい場合にはいい時もあります。その分、次に回せたりもするので。
 
 
 セット売りなどは固定のシリーズなどでなく、ばらの場合、このように考えることも多くあります。また敢えていいものがまざっていればそれだけで高くなる場合もあります。内容が良ければまたお客さんは来てくれるのでそういうところも大事で、いっぱい買ってくれるような人はそれだけで宣伝にもなります(結構買えたよとか、~があったよと知らせてくれるような人もいるので、それを知り、急遽来てくれる人たちもいますー本など好きもの同士では結構知らせています)。どういうラインナップをそろえるかで変わってくる場合もあります。売り主体の場合、やはり「売ってなんぼ」の世界なので、いかにさばけるかというのはその差配も含め、個々の力量にも左右されます。
 

 見ていて楽しいというものもあるのでそうした雰囲気も大事です。その場の雰囲気を楽しむ人たちもいて、何度も訪れ人もいますので。がっつり買う人は1日に集中していることも多々あるので、そういう日に勝負をかけるのも面白いです。あれば買ってくという人も少なくないので。来てくれるだけでも本来ありがたいのですが。良いものは続けると常連さんもついてくれるので(そうしたところで知り、個々のお店の常連さんになってくれる人もいます)、出会いも大事です。いづれその出会いがプラスになるとすれば嬉しいですので。
 
 
 
スポンサーサイト
categoryビジネス

成長度合いを見る 区切りにおいて

trackback0  comment0
 なかなか日々の成長とは実感しにくいもの。ましてや1日でどれだけというのはそうそうわからないもの。全くなしの段階ならそれでも1週間程度でましにというのはわかるかもしれませんが、もう忙しくあっちこちにという段階だとなかなかその成長はわかりにくいものです。
 
 
 1ヵ月経ってもそう変化なくということも多いでしょう。自分の中で例えばある程度区切りをつけ、3ヵ月にという具合なら或は少しは変わるかもしれません。
 
 
 年に4回も見直すチャンス、成長を見切るチャンスがあると思えば。相変わらず同じことを言っているようでは成長は期待できません。確かに波はあるでしょうが。
 
 
 ただそれをいつまでも人のせいにしているようでは一向に腕は上がりません。能力値は上がりません。相変わらず、同じことを言っているようでは。それは自分の力量が全く上がっていないと言っていることと同じ。自らの力量のなさを人のせいに、環境のせいにしても何も変わりません。寧ろ、時間はあったのにどうして変わることができなかったのか、そこも問われます。本来、自分たち自身と向き合わねばならぬ問題を遠ざけてしまっている人も多いのではないでしょうか。
 
 
 そんなことでは1年ではきっと何も変わりません。また同じことを言っていると、惰性的になります。そこからは大して力は望めません。また同じことを言っていると思われているでしょう。中には確かに力をつけるのに時間が必要なものはありますが。

 
 それは継続することで維持する力ではなく、自身の力と正面から向き合うことを避ける逃げの口実、何かが足りなかったことへの意識の低さ、ねたみや僻みからくるもの、あきらめ、マンネリ化などともつながり、人のせいにもしがちです。今を維持できるのも難しくなります。そういう人は意識改革がいります。
 
 
 やる気があっても結果が出ない、それはやり方そのものが間違っていたり、合っていない可能性もあります。
 
 
 逆にいい意味でノッている時には流れが来ます。その流れを一時的なものにしてしまう人は馬券や宝くじなどで当たったという一過性のものに過ぎなくなります。ノル時は本当にやってくるという感覚もあります。こういう時にそれを力に変えるにはそれを活かすということが必要になってきます。今できることは何か、逆にできないことならなぜかーできないと思い込んでいるのはなぜか、そんなことを考えて実行しているうちに身につく力もあります。人を、環境を活かすという意味でも。さらなるステップアップには発想力の向上とひらめき、中長期の視点も必要だったりしますが。実はノッている時には一番落とし穴が多く勘違いもしやすいです。
 
 
 これもかつての大物成功者たちも含め、口をすっぱくして言ってきたことです。それが当たり前のように思えてしまうのも少し危険です。こういう時に見境なしに攻め時と見てガンガン行きすぎると、「あれ?」と思い、本命も逃しかねません。暑くなりすぎるのなら一度少し引いて考えてみることも必要です。或は本当に必要なんだろうか、と考えることも。いけいけばかりだと余計なものまでとなり、思っていた以上にはなんてことにもなりかねません。

 

 時にはすっかり切り替えることも必要です。運の要素も確かに必要ですが、見極める要素、見つける力の方が大きいです。意外に勤勉な人はこの辺り、謙虚に学び続けてもいます。後は自分自身にやる気があるかどうかですーやれば何でも成功できるということを意味しているわけではありませんが、見えて来るものもあります(もしも何も見えていないのならそれも少し問題あります。本当は大して好きでないものをやっても長続きはせず、一定の度合いを超えてもきっとそこから上に上がるのが難しい壁が待っています。であるのなら、向いているのかどうかも含め、好きになるきっかけも探してみることも必要でしょう)。 
categoryビジネス

さばききれるか その永遠の問い

trackback0  comment0
 たまにはらしくということで(連休中はほいほい急ぎで動き回っていますが、もともと旅好きなので遠距離は苦手ではありませんが)。
 
 
 さばききれるかというのはどの業界でも結構頭の痛い問題で常に付きまとう重要な問題です。これを避けるために完全受注生産とか、限定的に売れた時にのみ供給するようなところもありますが、なかなか全てがそうはいきません。

 
 あまりにも多いと、「えいっ」とまとめて人任せにしたくもなりますが、それでは経験値がなかなかつきません。ただ、大量に入れるというのはバランスの問題もあり、いかにさばききれるかが重要な問題となってきます。
 
 
 ここがうまく回らないと大変なことになってきます。もうおわかりの方も多いかとは思いますが、関西以降の方面の方なら知っている方も多いかと思いますが(精力的にご参加されていたので)、あの地方では大手と言えたところが潰れてしまいました。資金繰りに窮したかと思われますが、たぶんバランスとの関係でうまいこと動いては行かなかったのでしょう。またあまりにも先行して先に入れ込みすぎていたのかもしれません。確かに在庫は命ですが、有限性のものであり、なかなか思うように動かない質のものもあります。また同じようなものが中には手に入りにくいものもありますので常に同一というわけにもいきません。しのぎきれる時期というものを抱えているところは実に多いかと思います。

 
 私から見ればまだまだ若い年数に思えますが、それでもあれだけ精力的に活動されてこられ地道に進んでこられ地歩をかためておられたので今回の事は残念です。再起できるのであればまた元気なお店の姿を外でも見られると良いのですが。楽しみにしておられた方もいたと思いますし、地方では大変がんばっておられたので(つい前の記事でもいろいろとやる気はあるように見えたのですが、ギリギリのところで踏みとどまっていたものの、資金繰りに急速に悪化したのかもしれません。この不況下でほかにいろいろと催促されたのかもしれません、お金を。うまく回らなくなって苦しくなったのでしょう)。


 そこらを踏まえてどうさばくかという問題はついて回りますが、抱え込み過ぎて動かないとなるとやはり苦しくもなります。動いてくれてこそのものなのでやはりそのタイムロスが大きいほどに痛くなります。また出せない状況が続くと大きなチャンスロスにもなり、それはそれで苦しくもなります。であるからこそいかに素早く処理するかー現品化するかも大事なのですがー動けるものとして。
 
 
 動かなければ意味はありませんのでやはり値付けというものは大事です。ここを怠ると大変なことになります。ただ、あまりにも期待した最高値をつけすぎるとよほどの状態の良いものでないと逆にためこみすぎるということにもなりかねません。安い値で売りたくはないという気持ちもわかりますが。
 
 
 またあまりにもかけ離れた値段をつけるとまず売れません。私がもう何年も見ているある商品がありますが(値段が異常におかしいので注目しているのです、出た時から。その時からこの値段ではまず売れないだろうなと思いながら見ていましたが)、やはりもう何年も経つのに売れる気配はありません。そして後5年経っても当然売れないでしょうし、10年経っても残っているかと思います。それはその商品ではまずありえない値段になっているからです。またもともとの売れた異常な値段のそれも実際その値段で買われたという保証はありません。その値段のみ残っているのでキャンセルしていてもそのまま残ることもあるので。


 特に人気のあるものが売れないというのは何らかの問題を抱えている場合があり、値付けが問題の場合も少なくありません。過去に1度だけもう何年も前になりますが、異常な値段をつけたことがありました。後にも先にもその類で異常な値段を見たのは5年で2回だけです。寧ろなぜこんな値段になったのかといぶかるほどの値段でした。その品でそれはあり得ない値段だったからです。そしてその時期は丁度お店がその少し後に商品を出した時期に重なります。まずその値段を見て値付けをしてしまったものと思われます。

 
 そしてほかの類似の商品もそれよりはさすがに下がるものの、やはり今ではその値段では買われるのは難しい値段となっており、それに釣られ、他のお店なども追随して似たような値段になっていたため、当然今でも売れていません(その値段だとよほどの状態のものでないと難しいです、正直)。


 本来であればこれは適正な値段をつければ即売れもありうる商品で、少し抑えれば1年以内には売れる可能性も高いものです。ややロングテールになる場合もありますが、下げればすぐに売れてくれるタイプです。

 
 今のようにいろいろ安いのも出るような時代にはその値のままキープというのは難しいものも中にはあります。正直、半値でも難しいというようなものもあります。そんな中、売れない値段をつけていればやはり売れません。勝ちを見出せば高値で売れるものもありますが、それがただ単に値段のつけ間違いだとするとそれは一向に動かない商品になりかねません。

 
 本来、こういうものはすぐに売れて欲しいものであり、現金化したいところです。売れ線なのに売れないのは何らかの理由は存在します。早く回転させる意義はそれを次に回せるという利点でもあり、そうしたものが多ければ多いほどメリットも大きくなります。

 
 もちろん、残したい商品、じっくり見て欲しいタイプのものもあるでしょうから全てがそうではないものの、それでもやはり商品化しているのなら何年も何年も残ってしまっているというのは気がかりです。そういうものが逆に多くなってしまえば支出は多いのに入りは少ないというような事態も常態化します。

 
 そのため、どのくらいで売りたいのかというのも焦点になります。それは長くなりましたのでまた後にでも。
 
 
categoryビジネス

効率化とは何か Amazonについても少し

trackback1  comment0
 前に少し書きましたが、続きです。効率化とは何か、それを文字通りに効率化と捉えてしまっているのならそこまでです。先にAmazonについて、効率化について少し話しましたが、彼らが無目的にそれをしようとしているわけではありません。それはきちんとニーズに応えたものでもあります。また外国に続いて日本でもというわけでもなく、最初からその戦略を広く広範にやろうとしているので(それがゆえに、なのですが)、短絡的に次は日本でと考えているわけでもありません。
 
 
 効率化すれば何でも良いか、もちろん、必ずしもイエスではありませんが、効率化の中にも多重性が含まれていて、その中に失われそうなものも掬い取ろうというものも見えるので、単純に取捨選択しつつ切り捨てた上での効率化ではなく、より先を見据えた上での効率化です。
 
 
 そのためにシェイプアップする必要もありましたが、それは整いました。そして生活の中にもうまく結び付けています。もちろん、本来の必要であるものを、また欲しいと思うものをという意味でも。もちろん、全部が全部」良いというわけでもなく、改善が必要なところもありますが(例えば発送に関しても、曜日指定ができない地域もあり、会員のメリットの恩恵をあまり感じられないというところもあったりしますし、やや雑に送られてくるものもないでもないので)。
 
 
 無駄なく活かせるということも視野に入れています。それは迅速化、最短化、距離の圧縮(そう思わせるような)、利便性、融通の良さ、手軽さなども含まれ、そこにまたつなげる要素も持ってきて、Amazonにまた来てもらえるように、というような巧みさもあります。
 
 
 つなげるということに対しても敏感であり、それは次につながるものとしてうまく手繰り寄せています。その上で新たな選択肢も提示したりもします。これはいかがですか、というように。
 
 
 今のライフスタイルにあった提示ができるというのも強みですが、もっといろんな試みをしつつ、枝を広げようともしていてあくなきチャレンジ精神もあります。主体的な参加というのも重視しており、絶えず飽きさせぬ工夫もしています。その上でAmazonそのものもさらなる進化をしようと邁進しています。
 
 
 外部環境の変化が非常に大きく、そこでいろいろと行き詰まりを感じ、考えてしまう人も多いようですが(方向転換思考もそれから来ていると思いますが)そうした逆を行くのであれば、まず高めるということが必要不可欠です。個々においてそれを求めるのならなおさらに。何かに入ってそれで全てうまく行くなんてことはなく、また新たに始めれば万事うまくいうということもありません。土台がしっかりしていれば後からでも結果はついてきます。

 
 ただ惰性的にということではなしに。それでは遅かれ早かれ脱落してゆくか、もしくは成長できません。Amazon内においてもモールやショップ、個人など多く呼び込んでいますが、その分、競争もまた激しいです。同じようなものが多くあり、出しているところも多くあるというところもよく見られます。
 
 
 その中で、それは個々の形ですが、同じようにというだけではやや厳しいように感じられます。かといって奇抜なものも困りもの(昔はお客に対して暴言を吐くような変わった趣向をもったバイオレンス出品者もいました)、出せば売れるかというとそうでもないものも多い。そこにもう一工夫必要です。状態一つ取っても、最近はなぜか大して綺麗でもないのに、非常に良いとかも見られますが、それはあまりアピールポイントにはなっていません。
 
 
 それは遠からず見破られます。本当に良ければ確かに有利ですが、誠実に状態表記を書くということも必要でそこに主眼を置いている人も少なくありません(買い手で)。ただ空売りの場合は大して状態も書かず、並ですとばかりあって膨大な数の他のものを拝借して持っていないのに売っている連中もいますが、いわば捨て垢で、評価が悪くなれば捨ててまた同じことを繰り返します(急に評価が悪くなっているのは要注意です)。空売りも基本在庫も持っていないので、それがために評価も悪くなりますーこうしたものも見る人は見ていて買わないようにしている人もいます。
 
 
 一方でコメントを大して見ずに買う人や、やたら神経質な人もいたりしますし、古くてもオーケーな人もいます。ただ、さすがに全然違えば怒る人もいます。その辺りはもっと向き合う必要もあるでしょう。
 
 
 非常に良いで強みは基本的により良いものをという場合ですが、安めのものでも効果を発揮します。例えば1円でも500円のものが、1000円のものが売れることもあります。それは基本的にコンディションの差によるものだったりしますが、やりようによっては1円ものでも勝負できるのです(ただし、時間がかかる場合があるのが少しネックです)。あまりにも安い場合、何かあるのではと思う人もやはりいて、少し高めのものを買う人もやはりいます(1円=リスクと取る人たちも)。それらは今でも通用しますし、仮にものがなくともうまく掬い取れるということもあるということです。
 
 
 類別して見る、類型化して出す、一括りとしてお得感を出す、その中で敢えて良いものをまぜる、そろえるなどやりようによっては他にもいろいろあります。個別ではなく、トータルとして考えるということも時に有効です(これができれば選択肢は広がります)。単一だけ見ているのであればないで終わりです。いかに考えるかということも大事です。店ならば何が向いているかでプラスを見出すこともあります。本来であればそこまでのものではないものの、そこに合うものであればそれなりの価値も見出せます(価値がないと思われていても)。
 
 
 変化に富む時代、柔軟性も必要です。
 
 
 
 
 
 
 

〔テーマ:ビジネスジャンル:ビジネス

New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。