categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryスポーツ

ドイツ優勝 成熟したバランス型 2014年サッカーワールドカップ

trackback0  comment0
 2014年、サッカーのワールドカップはやはり一番チーム総合力が高く、バランスもとれ、安定した力を出し、徐々に本領を出してきたドイツがアルゼンチンを下し、優勝。ようやく少し休まったのでまとめ。


 アルゼンチンは前半はいい攻めもし、守備も良かったが、前半良かったラベッシ選手やイグアイン選手らを交代させ、起点がなくなると一転して苦しくなった。

 前半はメッシ選手なども意図してスピードに乗り、他の選手も高い技術で勝負したり、ボールをうまく保持、いなしたりして、かわし、ドイツのプレスー掬い取る逆襲の芽も摘んでいた。パスが出せても攻めあぐねていた。前半はややアルゼンチンペース。
 
 ただこの日は活躍していたケディラ選手がケガで出場できず、代わりのクラマー選手も怪我と痛い目に。前半30分早々で、シュルレ選手に交代。ただ、彼が入ったことで後に変わってゆく。前半で本当に惜しかったのはあのヘベデス選手のポスト激突したシュートくらい、決まったかと思うほどドンピシャで完璧だったが。


 後半はアルゼンチンはシステムチェンジ、ラベッシ選手をアグエロ選手に代え、最初から攻めの姿勢を見せたが、それも
10分弱ですぐにドイツがスペースも出てきたことでより動き出した。だんだん引き出しもし、流れの中からシュートも。特にシュルレ意識して左を攻めていたのは活きてきた。

 
 それでも決まりきらず、延長に。ただし、後半途中からもうアルゼンチンの選手はやや重い足取りの選手も見えた。メッシ選手もだんだんと消える時間帯が多くなった。それでも決勝トーナメントの試合ではよくシュートを打てた方。

 延長でもドイツは衰えず、特にシュルレ選手は元気だったし、シュバインシュタイガー選手も攻守によく動いた。パラシオ選手の惜しいシュートあったものの、他の選手同様、鉄壁のノイアー神を意識し過ぎて力が入ってしまっていた(他の選手もメッシ選手含め、ギリギリのところを狙ったりもしていた)。

 ラーム選手も状況を見据えて、よく動いていたが、シュルレ選手にボールが渡ると、左に切り込むかのように見えてクロス、そこにゲッツェ選手が合わせてゴールを決め1-0、そのまま決勝点となった。
 
 実はこのプレーに伏線があり、シュルレ選手が1度左から切り込んで2人をかわしてシュートという決定的チャンスがあり、決まってもおかしくなかった。それを意識させていたことが勝因につながり、あのイメージが強く残っていたため、マスケラーノ選手も引き出され、寧ろ切り込みを警戒していたように見えたが思いのほかいい高速クロス。それが決勝点に結びついた。彼は30分過ぎに出てきたので延長後半でも90分の試合と同義だったし、ゲッツェ選手も後半終了前に入ったので、フレッシュだった。そして大事なところで決めた。

 交代選手の出来が左右もした。アルゼンチンもいいシュートもあったが、決定的なまでのものはドイツの方があり、枠にも飛んでいたので、ドイツの方が「あれが決まっていたら」という言葉が嵌っていた。チャンスはあったものの、アルゼンチンはそこまでのものではなかった。1-1に近いものもあったが、ノイアー神の存在が大きく意識させていたのはやはりでかかったーそれも今大会の大活躍のおかげ。クロスパンチ(微妙だったが)、この日も攻めのキーパーだった。

 やはりアルゼンチンは持たなかったが、最後の方にメッシ選手のFKが決まっていればというものもふかし、敗けてしまった。走力はドイツの方があった。日程もあったが動けていて走力がさほど鈍らなかったのはドイツとオランダくらいでその意味で苦手の攻撃スタイルも持つオランダのが勝機はあったが、アルゼンチンも良く粘り、思っていた以上に善戦した。ただ最後の詰めの所ではドイツの方がきっちりとしたフィニッシュとボール運びをしていたそこの差も出た。

 ドイツですら24年ぶりの優勝(ここ4大会でー2002年の日韓、2006年のドイツ、2010年の南アフリカ、2014年のブラジル大会で連続のベスト4以上という破格の安定ぶり、ただしスタイルはずいぶん違ったー力を押し出すゲルマン魂のような圧力あるものでなく、よりスマートだった)。どこかの国が「ワールドカップで優勝する」など言っていたのが遠く懐かしい。夢のまた夢のそのまた夢のさらにはその夢の写し。

 これも充実した育成が10年ぐらいかけて実ったもので着実に底上げした。そして柔軟に現代サッカーを取り入れ、しっかりとした技術を持った選手を入れてきたのはさすが。レーヴ監督の手腕もしたたかだった。ベテラン含め、各年齢層にバランスが取れていた。親善試合などで一喜一憂していた国と違い、大会の先を見据えていた(親善試合は所詮、親善試合に過ぎず、大国同士やライバル以外ではほどほどにくらいでそこまで本気ではやらないことも多い。70%の中でのフルにという感じで、圧もゆるかったりもするし、特に大国はそこまで勝ち負けを意識しない。負けないにlこしたことはないが、そして敗けても教訓は得る。それで互角の戦いができたなどとたかだか本番前の親善試合ごときで判断するのは本来ふさわしくなかったが、日本はそうなってしまっていた)。


 いい試合だったが、最後の最後に謎の決勝トーナメントに入ってからは目立って活躍できていなかったメッシ選手がほぼななあに癒着した記者どもの投票だったか、意味不明なMVPで台無しにした。それは活躍していないことが分かっているのにもらっても嬉しくもないだろう。敗れ悔しいのもあるが、それ以上に明らかに今大会の最も活躍した選手ではなかった。売り上げにも貢献し、スポンサーにも貢献し、いいイメージを抱いているなあなあの記者も多い中でのある意味、癒着投票だった。

 一般に見ていた人からすれば誰の目から見てもほとんどMVPにふさわしい活躍はしていなかった。一番大会で目立っていただろうか?あのハメス・ロドリゲス選手よりもインパクトはあったか?大会を通じてフルに脅威を与え続けたロッベン選手、ドイツで大活躍したミュラー選手、抜群のパスの正確さと攻めへの意識を見せたクロース選手の方が上だったし、アルゼンチンならマスケラーノの選手の方がフルに活躍した。ラーム選手も光っていたが。これらの選手よりも明らかに目立たず、ネームだけビッグだったに過ぎない。ノイアー選手がMVP候補にすら入らなかったのは最優秀ゴールキーパーで別になっていたためだが、彼がMVPでもおかしくない大会だった。

 それだけに最後につまらぬことをやってくれた。近年の大会で一番活躍していない最もしょぼいMVPとなった。これではメッシ選手はかわいそうだ。本当につまらぬことをしてくれた。


 ■(これまでに比べればよくやったと思うが。その試合での最優秀選手というのも微妙なものがあったのは確かだしーえ?本田選手がなんてのもあったし、もともとビッグネームが選ばれやすい傾向にはあるが、それでもMVPはこれまでの大会ではもっと印象には残していた。2002年では大会インパクトではロナウド選手で、まさに彼のための大会とでも言うかのような奇跡の復活劇でもあったが、カーン選手のゴールキーパーの活躍も抜きん出ていたので、そこまでMVPに違和感はなかった。ちなみに最優秀ゴールキーパーとの2冠。だから本来、あれだけ今後のキーパーの未来の要素も見せたノイアー選手がMVPとの2冠でもおかしくなかったが、MVP候補にすら入らなかったという始末。寧ろこれこそおかしかった)。■

 これがなければいい形で終われたのに。もちろん、ブラジルにはサッカー以外でも大きな禍根も残したが、大会そのものは良かった。

 ■追記 7月21日

 メッシ選手のMVPは今回は記者投票ではなく、FIFAの技術研究グループによって決められたとのこと(ただ、記者投票も2010年の怪しいことがあったのでそれだったとしても、問題ありですが、あの年はシャビ選手、イニエスタ選手、スナイデル選手のいずれかがふさわしい選手だった。ワールドカップ優勝チームのスペイン、準優勝のオランダでクラブチームでも大活躍していたので。、あの年もなぜバロンドールがメッシ?と思ったものだが)。

 例年記者投票だったので熱くなってしまった。またやらかしたのかと、例年のバロンドール例もあることだしロナウド選手
がもらうべき年もメッシ選手だったり。まあ、今回は勘違いだったので申し訳なかったが。
 

 FIFA技術グループだとなおのこと問題大あり。ブラッター会長はとぼけていたが。今大会の技術集計でメッシ選手はベストイレブンにすら入っていなかった。つまり11位以下。これでMVPなど言っても納得できる理由に乏しい。ドリブルなどは確かに回数は1番だったが、中でのものではなかったはずだし、効果的なものとは言い難いもの多かった。
 
 大会を印象付けたとは言えず、MVPほどの活躍なら「メッシの大会」と言われたはずだが、だれの目にもそこまでの活躍が出来ていなかったのは明らかだった。つまらないことをしてくれたものだ、全く。メッシ選手が一番の被害者かも。悪くはなかったものの、他にそれ以上目立っていた選手も1人や2人ではなかったので。結論ありき、最初からメッシ選手に決まっていたようなものと言われても仕方がないものがあった。残念■
スポンサーサイト
categoryスポーツ

W杯決勝ドイツーアルゼンチン 覇者はいずれに

trackback0  comment0
 いよいよドイツーアルゼンチンとの決勝の舞台が近づく。
 
 ブラジルーオランダ戦はやはり、オランダの完勝で終わった。今大会組織だったチームに対応できておらず、ドイツ、オランダはその最たる2強でもあったので難しいのはわかっていた。モチベーションの低下もあるだろう。

 特に前半2分でロッベン選手に中に入られて手を使ってファールしてしまい、PK献上が痛かった。あれは審判によっては悪質とみなされ、チアゴ・シウバ選手が1発退場となった可能性もあり、2分で10人となってしまったのならぼっこぼっこに5点以上取られて、ドイツ戦の悪夢の再来になったかもしれない。

 同じ失敗をまた繰り返していて、ボランチ機能せず、上がってスペースも開いたりし、ケアできず、また右サイドーブラジルから見て左をやられ、結果失点。グスタボ選手、パウリーニョ選手の両ボランチが機能せず、簡単に何人も入られ、やられていた。本来ならすぐに修正すべきところだったが、また後手。2人ともダメだったのでさっさと交代すべきだった。

 唯一オスカル選手が打開しようと目立っていたくらい。交代に入ったエルナレス選手は良く、闘争心も出ていた。こういう奮い立たせる人間がもっと必要だったが、先につかれ、多くは歩いてからの動きで、前線にも合わず、得点の匂いはなかった。結果0-3でオランダに負け。王国のショックをなお引きずることとなった。公式戦での連敗は100年という長い年月が経つ。そして終了間際に第3ゴールキーパーのフォルム選手にという記録作りのためだけの交代で、オランダとしては23人全員の初の出場を果たした。屈辱以外の何ものでもない。

 ロッベン選手はこの試合でも切れ、大会通じて最も印象に残った選手の一人。やはり決勝で見たかった。アルゼンチンよりもオランダの方がスタイル的にドイツの脅威だった。

 ガーナ、アルジェリアなどでの苦戦は明らかに速い攻撃によるもので、盤石に見えるドイツに唯一ほころびの見えたところ。アルゼンチンにはそのタイプの選手はおらず、オランダはうってつけのまさに世界のトップレベルのロッベン選手というドリブルスピードスターがいたこともあり、常に最終ラインでの守備陣に脅威を与える存在だっただけに残念。また他に走り勝ってきもしたドイツと走力でも負けずに戦える体力もあった。

 走攻守に加え、高さ、流れの中での柔軟さもあり、一番優雅さもあったドイツの最優秀選手だったロイス選手がけがもあり出られなかったという事実が恐ろしいーまだ強くなる要素があるので。レーヴ監督は多様なオプションもあり、またマルチな選手も結構いて、アクセントにもなっている。クローゼ選手、ミュラー選手、エジル選手、クロース選手、シュバインシュタイガー選手、ケディラ選手、そして今大会要所を締めたよく全体を見て動いていた陰の功労者ラーム選手いい。後ろも安定しているし、戻りも速い。その上、抜群の判断力、反応力を持つゴールキーパーのノイアー神までいる。選手層も分厚い。控え選手ですら他の強豪国に行ってもレギュラーになれるメンツ。おまけに日程的にも圧倒的に有利、ブラジル戦は後半流していての中4日はドイツ、ほぼ2試合分に匹敵するほど戦いPKまで戦い抜いた中3日のアルゼンチン。

 メッシ選手頼りになるのは仕方がないにしてもいかに使えるかが鍵。得点の匂いが少しするのは他、イグアイン選手、ディ・マリア選手くらい。いかにメッシ選手がおとりになるか、もしくは覚醒するか。先制されればきつい。他、CK、FKなどはうまく活かせるかーただ相手もデカいので入れるだけでは弾き返される。

 ドイツが普通にやれば勝つと見ているが、アルゼンチンにもチャンスがないわけでもない。ただ今大会の流れを見る限り、ドイツ優勝がふさわしい気がする。それだけのスタイルもある。おいしいところをもっていっても伝説になれるかはメッシ選手次第ということもあるだろう。果たしていかに。ようやく安住の日を迎えようとしている。
 
 早朝4時からと、ベスト4などでの5時とは時間帯が違い、早いので注意。1時間遅いと前半が見れませんぜ。
categoryスポーツ

3位の意義 ブラジルーオランダ

trackback0  comment0
 さてもうじきブラジルーオランダの3位決定戦。ワールドカップにおいては論議を呼ぶところ。

 どちらも優勝のみ目指して決勝の舞台目指して勝ち上がってきたチーム。今さら3位で喜ぶチームでもない。こういうところで初のベスト4だったのならモチベーションは保てるが。はっきり言って消化試合。本来はもう終わりにしたいはず。

 小さな満足のために異議を見出さざるを得なかったりもする。ブラジルはあの悪夢の大敗から次の一歩に向かうために、オランダは無敗で終えるために。

 若手中心で組むこともあるだろう。オランダの個の黄金世代でのメンバーらは恐らく次のユーロ、EURO2016で最後かもしれない。今大会は盛り上げてくれた。あのスペインを5点を奪い撃沈したところから盛り上がった。ここまで無敗なのは立派(アルゼンチンは正直、途中からもう攻撃にも上がれず、特に延長はもう倒れたり時間稼ぎもしてPK狙いだった。正直5分以上オランダは時間を無駄に奪われ、たらたらしたりもしてロスタイムにも反映されず、不満はあったはず。まあそれもサッカーだが)。

 納得いく終わり方は難しいが、打ち合いなら見ている方は楽しめるかも。これが終わればいよいよ決勝、ドイツーアルゼンチン戦だ。
categoryスポーツ

24年ぶり決勝へ アルゼンチン

trackback0  comment0
 あのクライフ氏すら成し遂げることのできなかった優勝をこの目で見たかったが、そのチャンスもあったが、オランダはPKの末に敗れた。やはり後半以降は圧倒的にオランダに攻められて、単発カウンター以外ほぼ仕掛けも難しくなっていたが、アルゼンチンはマスケラーノ選手中心によく凌いだ。PKだと1度も止めたことがないシレッセン選手では難しいと思っていたが。両エースほぼ封じられた試合でもあった。イグアイン選手の交代はもったいなかったが。

 本来ならPKも考えて残しておきたかったが、決めたかった試合でもあったので賭けたのだろう。最後の1枚は既に切っていた。フンテラール選手に。前半は右サイドを再三狙われていて、インティ選手が手薄になっているところを再三仕掛け、チャンスになっていたので、また熱くなってイエローももらっていたのですぐに交代してくると思ったが、後半にヤンマート選手を入れ、カイト選手を左にし、起点を封じていた。クラシー選手も良かった。最後の1枚だけ、難しかったー本当は延長で決めたかった。采配は悪くはなかった。

 ゴールキーパーのシレッセン選手はやはりPKも心なしか不安に見えた。最初の選択フラール選手もどうかなと思ったが、やはり止められてしまった。ロメロ選手の方がアルゼンチンのキーパーの方が気合をむき出しにしていた。結局、スナイデル選手のも読まれ、2本止められ、2-4でアルゼンチン勝利。

 あのマラドーナ氏が率いた90年大会以来の決勝進出。ここを獲ればメッシ選手はようやく偉大なマラドーナ氏と並ぶことができる。唯一手にしていないビッグタイトルだー全サッカー選手の夢でもあるワールドカップ優勝。普通に考えれば日程的にも恵まれ、120分の激闘+PKも戦ったアルゼンチンよりもドイツだがー実力的にも、何が起こるかわからないのも常。

 メッシ選手が伝説に並ぶところも見てみたいが。オランダは3位決定戦に。残すところあと2試合。熱かったワールドカップももう終えようとしている。ようやくゆっくり眠れる日が、後少しで訪れる。
categoryスポーツ

オランダーアルゼンチンいよいよ枠は1つ

trackback0  comment0
 いよいよオランダとアルゼンチンがぶつかる。アルゼンチンにしてもここまで匹敵、もしくは凌駕しかねない強豪は戦っておらず、ここでディマリア選手が抜けるのも痛い。またそこまで本調子とも言えない。粘り強く勝つ姿勢も見せてきたオランダとも違う。

 メッシ選手もいるが、他の選手がどう動けるか、アグエロ選手はどこまで回復しているか、イグアイン選手が復調してきているのはプラスだが、あの攻撃力を持つオランダに対し心もとない。アルゼンチン相手ならはまりそうな手もあるが、使ってくるだろうか。システム的にも。また相性も元々悪い。

 ドイツ以上に今までで一体感を感じるのがオランダなのでどうなるか今から楽しみ。オランダは今大会優勝候補筆頭と見てきた。ドイツもそう、安定感があった。ブラジル、アルゼンチンのもろさはもとより語ってもきた。不安なところがないではなかったが的中してきてしまった。南米大会でまさかのヨーロッパ勢の決勝対決がとなると歴史に残る。まだわからないが、どういうフィナーレを迎えるのだろうか。
 
 
 ■台風はやや勢力を弱めつつもまだ比較的保ったまま、のろのろと九州へ。こういうのろのろ台風は被害を広げるのでお気をつけて。土砂災害、地盤沈下、浸水、河川の氾濫、海で波、大雨による局地的集中豪雨など被害を広げるものも。気づいてからでは遅い場合もあるので、避難するならお早目に。叩きつけるような雨ならやや危険な場合もあります。住む地域によっては。■
New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。