categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryオークション

54.オク・マケプレ値段を迷った時には。

trackback0  comment0
 値段などでこのくらいで買おうか、逆にこのくらいで売ろうか、などと迷ったことがある人は多いかと思います。
 
 
 本当の欲しい人の相場がわかっていれば楽ですが、すくなくともある程度の蓄積が必要です。これを補うために、他の所で見ていても1、2年くらいのものしかわからず、他は時系列的なものでいくらで売れたかはわかってもどのような形のものが売れていたのかという詳細まではわからず、判別に迷う時も出てくるかと思います。
 
 
 そこにデータがない、もしくは非常に少ない場合、難しくなります。たまたま高値で売れたものを見てしまうと、それを知らない人はレアだと思い、同じようなものを同じくらいで売れるかもと買うと失敗することもあります。それは実際の相場がわからないという場合によく起こり、本当に出てこないレアものなどの時にも起こります。逆にたまたまよく知る競合が少なく物凄く安く買えたものが万単位に化けるということもあります。データだけ見ているとまず見落とす盲点です。1年にあるかどうかというものではわからないものもあります。そうしたものは他のところでも売り切れで実際いくらなのかすぐにわからないものも少なくありません。
 
 レアなのかレアでないのかすらもよくわからないものも確かに存在します。それを欲する人がいるかどうかですが、そこはピンポイントで見てくれるかというものでもありますので、中には時間のかかるものも確かに存在します。この辺りは本やモノなどに長く触れてこないとわからないかもしれませんが、売れないというよりもそれを見つけるのに時間がかかるというタイプのもので、こうしたものは必要としている時に「たまたま見つけた」という場合も少なくないようです。
 
 いきなり高い値でつけてもまず売れる可能性は限りなく低いです。かと言ってこうしたものは低く値段をつけると競合も少ないため、500円で仮にその値を置いておいたとして本当に500円で終わってしまう場合もあります。そのため、わからない人には値をつけたりするのが難しくなります。
 
 ある程度の額を置き、なおかつ高すぎないくらいが無難です。うまくタイミングが合えば、たまたま欲しいという人が重なり、競って高値になる場合もあります(こうしたタイプはこの場合、次は同じ額で売れる・買われる保証はありません)。
 
 
 1円で始めても1円で終わることも珍しくはなくなりました。1円だから必ずしも有利というわけでもまたありませんが、戦略的に1円にしているのかそうでないのかということでもまた違ってきます。1円からという場合、そのままでも強みのある場合と、1円を餌にして他のものも買ってもらうという形にしている場合、取り敢えずもの凄く安いという印象から入札を、またできるだけ買われやすいようにというような場合もあります。この場合、何を目指しているのかでもまた違ってきます(オークション、マケプレなどどちらにも言えます)。
 
 
 5000円くらいのスタートで決めるより、結果的に見て1000円くらいのスタートだった方が入札も入りやすく、結果的に5000円スタート時よりも高くなるものもあります。このくらいでと据え置くのもまた一つの手です。しばらく動かない場合は値段が見合っていないということも考えられますので、値下げをするなりして様子をうかがうという姿勢も必要です。
 
 
 オークションなどは少し安めで落札される場合が多いですが、基本的に安く欲しいという人が多いのである意味、当然の結果だとも言えます。逆に本当に欲しいと思えるものなら相場よりもかなり高くなる場合もあります。ただ、基本的にお店や他の所よりできるだけ安く、少しでも安くという人が多く集まっているのも事実で、必ずしも実際の相場とは一致しない場合もありますが、このくらいの値段でならという人も多いので目安にはなるものの、必ずしもイコールではありません。もしその値段イコールでというなら何割か増しの場合が多いお店などはまず成り立ちませんので。
 
 
 固定が不利かというと、必ずしもそうではなく、オークションで数千円(3000円弱)でもマケプレで1万円近くで売れるというものも時折あります(ただ、どのくらいで売れるのかという目安がつかなければ難しいですが)。ランク除外イコール売れないというと必ずしもそんなこともありません。中にはオークションなどにもほとんど出ないというものもありますので。ただ値段を見て釣り合っているのか、珍しくもないものが高いということもあったりするので、そうしたものは敢えて迎合する必要はなく、売れる値段と思われるくらいまで調整するというのも手です。
 
 高止まりしたままでは1年経っても売れないというものもあります。値段も中途半端に高かったりするので、切るに切れず放置という人も少なくないと思いますが、ある期間売れずにいたら、やはりそこは見直すべきでは、とも思います。ラッキーパンチだけ待っていては時間ばかりが過ぎゆくばかりですので。
 
 
 人気ブログランキングへ
↑オークション・せどりなどに関心がある人はクリックしてみてください。
スポンサーサイト

〔テーマ:オークションジャンル:コンピュータ

New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。