categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryスポーツ

熱戦を終えて

trackback0  comment0
フィギュアを終えて改めてまたその厳しさも感じました。それは他の競技でも同じです。4年間積み重ねてきたものを出す場でもあるわけで、競う場でもあると同時に自分の限界を超える戦いにもなります。時には自分の実力以上の何かが必要になってくる時もあります。
 
 美しさも競うものでもあり、と同時に完成度の高さ、芸術性、魅了する空間もそこに見て感じ取ることもできます。自らどこまで出来たかと思うのはそうした中においてどこまで追求できたか、表現できたかということで、何を感じ取れたかなども含めてのものでやはり難しさもあります。
 
 
 トップレベルでの争いにおいてよくできた、よくがんばったでは褒め言葉にならないこともあります。それは競技を行ってきた本人たちが最も感じることで、優勝争いや、メダル争いの中に入ればなおのこと敏感にもなったりもします。
 
 チャンピョンズリーグでの決勝戦で決勝で負けて銀メダルをみなかけてもらってすぐに外してしまう、そんな光景を目にしますが、全精力をかけて優勝を狙ってきて破れるのではそれほどの違いがあり、悔しさもまた人一倍悔しいという思いが強いはずです。ここまで来て、、、と。
 
 
 実際に納得できるのはかなり時間が経ってからという場合が多いです。それまでは何とかやってこれたという気持ち、手にするものは何とか得てほっとする気持ちと、あの時、もう少し、ああしていたら、もし~であったのならと複雑な気分になったりもします。選手によってその度合いにより長さは違いますが、すんなり吹っ切れるほどかけてきたものも小さくはなかったりするので、次こそはという気持ちも強くなったりもします。
 
 
 でも時間が経てば、あの時、これだけの形のものができたんだなと納得する瞬間も訪れ、嬉しく思える時もやってきます。そこら辺がまた不思議なところでもありますが。結果は結果として受け止め、前に進むこれが次につながるステップです。
 
 
 女子は本当にレベルが高かったです。昔よりは点が出やすくはなっているものの、その分、求められる要素も昔よりも多くなっています。相対的に見ればやはりレベルはトリノよりも高くなっています。
 
 数年経てばまるで違ったもののように感じる競技などはよくあるもので、同じように見えるかもしれないサッカーの世界でもその動きは激しく数年では大きく変わっていたりもして、昔のままの見方では通用しなくなっている、そうした面も多々あります。他のスポーツでもこうした面は見られます。一昔前の評など的を得なくなっているものも多々あります(自分の知っている昔の戦術で勝負しようとして失敗してきた監督もまた多かったです)

 
 同じプログラムで勝負すると言うことはそれだけそのプログラムに自身があるということで、サッカーの世界などでは基本スタイルを決めて戦うことはよくあることです。
 
 
 ほぼパーフェクトに滑りきったここ一番でのあの強さ、あの精神力と集中力、凄まじいです。 結局、大きな大会では無敗のまま乗り込んでくる形で無敗のまま終えました。 
 
 
 得点はまさかという点でしたが、ノーミスで演じきれば高得点が出るのは男子のライサチェク選手の演技でも証明されたことで、特にキム・ヨナ選手に限ったことではありません。五輪の舞台で多くの人がミスしていく中、ノーミスで演じきるということの難しさは忘れがちですが、あの独特の舞台でそれができるだけでも凄いことです。簡単なプログラム=ノーミス、そんなことはまずありません。多くの選手が呑まれて失敗していることだけ見てもわかるはずですが。
 
 
 浅田真央選手とは持っている技術そのものには大きな違いはそうはないものの、それをどう組み魅せるのかという点と基本スキルは正直言って現段階ではキム・ヨナ選手の方が上回っています。では同じ戦略ができたかというとそう単純ではありません。敢えてトリプルアクセルを跳んでの勝負にきましたが、その一方で苦手なジャンプは組み入れてはいないため、ジャンプはトリプルアクセル頼みという感もまたありました。
 

 一連の流れでスピードを落とさずにジャンプの後も一つの流れのままスピードに乗って滑っているのでより点は高くなり、加点もつきやすいです(前にも語りましたが、スピードが速くなれば速くなるほどその中で演技するのは難しく、より難易度が高くなっていきます。このレベルの速さで演じた女子の選手はいないため、今までの解説のようなものや評はあまり意味をなさないかもしれません。ある程度のレベルに達したスケーターならわかるかと思いますが、速ければ速いだけ動作をするのが難しく、微妙な誤差が時に大きく出たりもします。そのレベルを何分間も続けて演じきるということがいかに難しいかはあまり伝わりにくいかもしれません)。
 
 浅田真央選手がジャンプの後に少しスピードが落ちてしまうことがあるのに対し、キム・ヨナ選手はほぼそのままの流れで次の動作に行けることができます。ここは現時点で結構な差となっています。決まれば美しいトリプルアクセルでもやはり間合いは跳ぶための間合いは長くなってしまい、その間までの時流の差が出てしまいます。
 
 
 まず持てるレベルの底上げとスタミナ、これは強化する必要があります。そしてスピードこれも大事です。いかに落とさないようにするかもう一段レベルの高いものが求められます。
 
 
 難しいものに関して言えば4回転を求めるものが違うものもある男子が跳ばないのはどうなのかとも思いましたが(ここ数年、この傾向が続き、リスクの高い4回転を避ける選手も多かったです)、今の形はハイリスクの面が目立ち、割に合わないと感じている選手も少なくはないと思いますので、4回転、もしくは女子でのトリプルアクセルなどの基礎点はもう少し高くても良いのではとも思います。
 
 女子の3回転3回転も体力を使うものでもあるため、こちらも言うほど簡単なものではありません。
 
 
 トリプルアクセル比重に重きを置いたということもあり、浅田真央選手などはジャンプの種類が少なく、ミスも誘発しうる苦手なサルコウなどの幾つかのジャンプは跳びませんでした(これも戦略の1つではありますが)。プルシェンコ選手もまた4回転に比重を置いたため、ジャンプの種類が少なく、点数もその分伸びませんでした(彼の場合、まだ復帰して半年弱ということもあり、そこまでできなかったかもしれませんが、わずかの期間であそこまで仕上げるのはさすがです)。
 
 競技なのでこうして苦手なものを回避したり、難しいものに挑戦したり、完成度で勝負するというのはありの世界です。~がなく、~がではあまり論に意味をなさず、全体的なバランスで見ていなくては意味がありません。ひいき目に見ても浅田真央選手は幾つかの大きなミスがあり、見ていても優劣はわかる形でした。
 
 
 今回の五輪で自分の課題は見えてきたと思いますが、そこがこれからの課題ともなっていきます。その差をどう詰めていくのか、求められるものは高くなりますが、次のオリンピックまでの4年、楽しみです。個々の選手がどこまで伸ばしてくるのか、どんな選手がまた出てくるのか、それもまた今から楽しみです。
 
 その一方で日本のオリンピックそのものに対する姿勢にはまだまだ足りないところが多いと痛感しました。スポーツを文化と捉えているのは一部のものだけだったりするので、全体的な底上げをしなければ、また広く共有できる環境を作らなければ今後も苦しくなるのは見えています。
 
 個人の誇りを賭けた勝負の場でもあると(そこに比重があった上での話とも)思っていますが、その一方で多くの人が夢を託すのもまたオリンピックだったりします。他の国でもそうですがマイナー競技は遠征だけでもえらいお金がかかりますし、中には自分で払ったりしている選手などもいます。真に何かを目指すのなら、より大きな目で見てサポートなどを充実させる必要もあります。
 
 個人の力も大事ですが、個人の力だけでは限界もあります。他の国では尊敬の念をもって見られるのに対し、一部の選手を除いてはマイナーな競技ゆえマイナーな扱いで終わってしまう(仮にも代表として出ているにもかかわらず)、そんなことはしょっちゅうです。メダルは今のところ4つでよくやってくれてはいますが、本気で力を入れている国とは雲泥の差があります。
 
 その整備などにより、やがてそこから自然とスター選手なども生れてくる環境が出てきたりします。その競る場がなければなかなか難しいものがあります(凄い選手が勝手に出てくれるのを期待したり、天才が出てくるのを待っているだけでは無理がありますーそもそもそうした良い意味でのそれを通じて取り巻く環境がなければ彼らの出現も期待薄です)。根付いてこそ花は開くものです。
 
 中には力不足(準備不足)を感じさせる競技もあり、まだまだ考えなければいけないことがあるなと思わせる現状でした。進展を望むのなら時間はかけるべきです。すぐに結果が出るほど甘い世界ではありませんが、しなければ実は結ばれ難いことを考えれば個人的にはやるべきだとは思います。
 
 人気ブログランキングへ←女子フィギュア、終わりましたね。取り敢えず、今はお疲れ様の言葉をどの選手にもかけてあげたいところです。
スポンサーサイト

〔テーマ:フィギュアスケートジャンル:スポーツ

New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。