categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryスポーツ

ジャンプ修正案 フィギュア

trackback0  comment0
 フィギュアではいわゆるそのままの点数だけでなく、GOEがつくため、実際にはそれよりも少し変わってきますが、正直わかりにくいのが現状で、決まった統一見解はありません。そのため、個々の大会においてもバラつきが見られます。

 その辺りは見ている方も、演じているほうも正直、わかりにくさはあるかと思います。
 
 同じジャンプなどはSPなどでは入れられないため、同じものだと失敗した時に0点になってしまうという事態もありましたが(浅田真央選手の)、トリプルアクセルでの必須項目が選択できれば幅は広がりますが、現時点で女子では跳べる選手が限られているだけにどうなるかはわかりません。


 トリプルアクセルを3度入れるという見事な(決まれば)プログラムではありましたが、その分、失敗すれば大きく跳ね返ってくるものでもありました。


 女子でのトリプルアクセルは確かに難しい、それは事実ですが、そのための見返りは少なく、現システムでは前半なら8.02点にしかならず、失敗すれば3.50となってしまい、ダウングレードが痛すぎるものになっています(もちろんGOEがこれに加わるので、必ずしもこの点数だけではありませんが)。確かに跳べば素晴らしいが、あまりにこだわりすぎていた面も否定できません。
 
 
 もちろん、ジャンプを跳ぶ選手のみ不利になったかというと、そうでもなく、点は少しだけですが改正後に上がっています。問題は現行システムでは高難度ジャンプの点が低いこと。トリプルアクセルでの連続ジャンプをより高いレベルで組み込めばかなり有利にはなりますが。トリプルアクセルは女子では単発でも難しいだけに難易度はさらに上がります。
 
 
 難しければ見合う見返りは必要で、さらなる進化のためには不可欠です。そのため、3-3を跳べば4回転をも超えてしまう点がつくような現行システムには問題があります。3-3(3回転3回転)は種類にもよりますが、4回転から比べれば男子などは跳びやすいです(体力面で劣る女子にとっては難しい面もあります)。リスクも含め、それがゆえに跳ばなくなるという傾向は何シーズンもありました。
 
 
 ループ2回以上の技なら4回転トゥループをも上回ります。これでは難しいジャンプなのに、数字で劣るという矛盾したものが出てくるので、ここを変えなければ現行システムの見直しはできません。4回転の上に連続となるとさらに難しくなります(この連続でのジャンプを安定して跳べるのは現在ではプルシェンコ選手のみです。ランビエール選手も持っていますが、プルシェンコ選手は4-3-3までこなせるので)。もちろん、4回転を跳べる選手は他にもいますが、安定性という意味においては確実性が高いというところまでは言えず、そうした意味合いにおいては4回転、4回転連続ジャンプを跳べる選手は限られます。それがゆえに難しさも加えてみれば考慮する必要があります。

 
 女子なら3回転トゥループ以上を2回跳べばほぼトリプルアクセルに匹敵します(前半だと。ちなみにトゥループは一番基本の技で点も一番下のものになります)。サルコウ2回以上ならトリプルアクセルの点もオーバーします(前半)。
 
 3回転ルッツ6.00と3回転トゥループ4.00ならそれだけで基本点だけで10点でこれに加点がつけばトリプルアクセルで8.02点最大(11.02)、3-3で最大13点とこの時点で差が出てしまいます。
 
 
 このルールをうまく使えればいいのですが、現実に4回転、女子でのトリプルアクセルだけでも難しいので、それに見合うのであれば、まず高難度のジャンプの点を引き上げた上で、極端な言い方になりますが、2回目のジャンプを圧縮した点にするということも一つの案です。
 
 例えば連続ジャンプでの2回目のジャンプを3分の2、ないしは半分くらいにする、そうなると上の例なら約2.6となりますので8.6点となり、トリプルなどを9点台に引き上げれば誤差も少なくなります。こうなると同じ3-3でもレベルの低いものは選べなくなり、おのずと難しいものに挑戦しなくては点が上がり難いという形になります(半分なら上の例では8点です)。
 
 
 もちろん、ジャンプだけの競技では必ずしもないので、それのみを比重を置くというわけにもいきませんが、ジャンプはそれでもやはり核となる要素なので是正すべきところは是正すべきですが、ただし、こうなると多くの選手は今まで点を計算していたものが計算通りに入らなくなるので(連続ジャンプ全ての是正ともなると)全ての選手が影響を受けるだけに難しいところです。
 

  ただ上記の案を使えばおのずと点は上がり難くなるということもあり、点をより上げていくためには難しいジャンプにも挑戦せざるを得なくなるという利点はあります。ただ、ここまでしてしまうと大きなルール変更となり、難しい面もあるので全体とのバランスでどう見るかということになりますが。
 
 
 人気ブログランキングへ←高難度ジャンプはハイリスクハイリターンのままでは廃れるので、それに見合う形の是正は必要で、より評価されるべきだと思います。
スポンサーサイト

〔テーマ:フィギュアスケートジャンル:スポーツ

New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。