categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryスポーツ

サッカー日本代表まともな試合久しぶり

trackback0  comment0
 久しぶりにサッカー日本代表はまともな試合でした。と言っても、いつものだらしない試合に比べてという話ですが。
 
 前半はイングランドのサッカーが全然噛み合っていないということもあり、日本もそれなりにチャンスを作れましたし、どちらかと言えば日本の方が押していた場面もありました。最初の方に点が入ったということは大きかったですが。ただ、ここでも試合を見ていて、「このペースで続くのかな、体力的に」とは思っていました。
 
 前半はそれなりに攻撃の形にはなりかけていました(近年の日本代表にはなかなか見られないものでしたー強いチーム相手には)。阿部選手が下に入ることにより落ち着かせることができ、いいポジションにいてボールなども奪っていましたし、ゴールキーパーの川島選手の動きは前半から良かったです。長友選手もうまくケアしていました。ウォルコット選手が単発気味でしたのでそこまでの恐さはありませんでしたが。岡崎選手も、大久保選手もより前を向いていました。
 
 
 日本の情報もそこまでは選手も知らなかったと思いますが、あの低いボールでのセットプレーは効果的でした。


 ルーニー選手やランパード選手、テリー選手、ファーディナント選手らも本調子ではありませんでした。
 
 1-0でリードしたまま。後半へ。ここでイングランドは5人もの選手を入れ、ジェラード選手、ジョー・コール選手、ライト・フィリップス選手らを入れてきましたが、特にジェラード選手、ジョー・コール選手が入ってから動きはイングランドが全体的に良くなり、アグレッシブにより速く前に出てきました。
 
 ここで懸念していたことが的中。案の定、前半のプレスなどでも体力を使ってしまい、雨にも球足と体力を時に奪われる中、動きは止まってきました(前もあったんですけどね)。そこに畳み掛けるようにイングランドは動き、スペースも開いてきて、マークもゆるくなり徐々にイングランドペースに。
 
 
 そこそこ機能していた攻撃もほぼストップし、散発的な攻撃に。いいクロスなどを入れられ、雨の中やはりきわどいコースに入れてきたのでそれが日本のオウンゴールにつながりました。それで1-1,1-2となり逆転。その後もペースを握られ、川島選手のスーパーファインプレーの連続がなければ恐らくもっとボコボコの展開になってしまったかもしれません。
 
 
 特にランパード選手のあのPKを止めたのは大きかったです(私もランパード選手ならイメージ的に低いボールで速くあのコースに来ると読んでいましたが)。1-2とはなりましたが、惨敗というようなイメージはなく、それなりには形にはなっていたので、悪いというイメージは特にはそれほどありませんが、修正点は大きくあります。
 
 
 失点を恐れているようにも感じました。1-0のまま、そんな気配がなかったわけではありません。どこかに守りの意識があったのは見ていて否めませんでした。守備のスペシャリストというわけでもないので、あのクラスの戦力で攻められ続ければいずれこじ開けられます。守り一辺倒、そこに意識を置きすぎてもこのレベルになるとやられます(昔、ジダンなどがいた全盛期の頃のレアルに守りで戦っていたチームも多くありましたが、その都度耐えられなくなりこじ開けられるのを幾度となく見てきました)。この辺りはチャンスがあれば恐がらずに数をかけないと前線が孤立するだけで意味がありません。


 また前にもまして思ったのは監督の判断が遅い(鈍い)です。本来ならもっと早く動かなければならなかったはず。特にジェラード選手にはやられていましたし(ジョー・コール選手にもうまく突かれました。一人の選手でも流れを変えてしまう力を持つのがワールドクラスレベルの選手です)。カメルーンにもオランダにもデンマークにもそうしたワールドクラスの選手はいます。
 
 
 ちょっとした隙でも、ちょっとしたミスからでもすぐに点につながります。それが世界レベルです。こうした時に判断が遅いと致命的な結果になりかねません。本田選手はまだまだでしたが、隙あらばという姿勢は大事です(ミドルレンジなどからの)。
 
 
 この形でそこそこ落ち着くのなら、誰かをより考慮しなければつながらない攻撃をイメージしたまま望むことになります。泣いても笑っても後1試合でいよいよ本番です。「俺、本番に強ええからよ」などと言って反省もせずに勉強もしないようなタイプの受験生のままではいけません(そういう人は本気になったのを見たことがありません。もちろん、そんなんで本番に力など出るわけがありません)。
 
 
 後2週間ちょいで本番です。ただでさえ厳しい試合が予測されるのに、これでまた1試合1試合が勝負というとても重いプレッシャーが加わり、ワールドカップのあの独特の雰囲気が待っています。そうした精神面でも気を配る必要もあります。さてさてどうなることやら。ここ2年間は全く結果は出せていませんが、前を向くしかもう残されてはいません(現状を言うと、日本は決して強くはありません。そのことを真摯に受け止めつつ、できることをやっていくしかありません。できないことをしようとしても技術的に難しいです)。
 
 
 コートジボワール戦の後はいよいよ本番へ突入です。
 
  
 人気ブログランキングへ←負けましたが、途中までは内容のある試合でした。後1試合、それを終えればいよいよワールドカップです。



 
 
 
スポンサーサイト

〔テーマ:サッカー日本代表ジャンル:スポーツ

New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。