categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryスポーツ

アジアカップ日本優勝!

trackback0  comment0
いやあ、やりましたね。アジアカップ。2大会ぶり、4度目の優勝。オーストラリアとの試合もやはり厳しいものとなりました。
 
  
 特に序盤はオーストラリアのペースだったのであそこで1点でも奪われてしまっていたら、違った展開になっていた可能性もあります。意図がわかる攻撃でした。
 
 
 そこを耐え、互いに見合ってという感じもあった前半でしたが、どちらも慎重な様子にも見えました。後半も何本も危ないシーンがありましたが、その都度、ゴールキーパー川島選手のプレーで何とか耐え凌いでいました。ロングを多用するようになり、そこに危うい場面もあったということで、ザッケローニ監督は早めの交代で藤本選手と岩政選手を交代し、今野選手を当初は底に上げようとしていたようにも見えましたが、そこはあまりやっていないということもあり、彼が後ろサイドバックの形で長友選手を前に上げて完全に左サイドに配置し、岩政選手を後ろにしという布陣に変わりました。
 
 
 岩政選手が入ることにより高さにも対応できるようになりました。吉田選手もうまくカバーをしていました。

 
 ここが一つの勝ちに結び付いたキーになりました。長友選手を前に上げて専念させることでよりサイドからの鋭い攻めも可能になり、左サイドをうまく使えるようになり、そこが活かせるようになりました。
 
 
 後半でも決まらず、延長戦へ。ここで前田選手に代わって李選手(在日の選手ですが帰化した日本人です)を入れ、この起用が当たりました。その動きを見ても切れもあり、スタミナも十分でしたので可能性は感じていましたが、延長で長友選手のクロスをそのままボレーシュートで叩き込み、これが決勝ゴールとなりました。

 
 ドがつくほどフリーでしたが、綺麗なゴールでさすがのオーストラリアのキーパーも動けませんでした(思わずチャンピョンズリーグ決勝でのジダン選手の伝説のボレーシュートを思い出してしまいました。さすがにあれほどではありませんが、それでもいいゴールでした。あの時はより難しい形でエリアの外でしたので難しいシュートでしたが、決勝ゴールとなり、伝説のシーンとなりました)。
 
 
 思わず「おお!」となってしまいました。今大会課題も多かったものの、厳しい試合も多く、特にカタール戦、韓国戦、オーストラリア戦と難しい試合が続きました。アジアのレベルが上がってきていて昔のように簡単には勝てなくなってきているということもあるものの、しんどい試合を何とか勝ちにつなぎ、粘り強さを見せてくれました。そこで勝ちきれたというのは成長の証です。

 
 こうした形でのものは初めてと言っていいかもしれません。それだけタフに粘り強く勝ってきました。その分、喜びもひとしおだと思いますが。気力で戦っていた選手もいましたが(動けるのか?と思いましたが)。

 
 本田選手も全体でのMVPをもらいましたが、この試合に関しては攻撃では長友選手、守備では川島選手です。この大会、前田選手、岡崎選手、香川選手、本田選手、遠藤選手、長谷部選手、今野選手、内田選手、吉田選手、岩政選手、川島選手などのレギュラークラスはもちろん、控えの選手もいい動きを見せていました。選手としての成長はそれぞれ感じさせるものはありました(もちろん、今大会の個々の試合においてあまり調子が出なかった選手もいましたが、試合を重ねるにつれて盛り返しました。その典型的な例が川島選手です。ザッケローニ監督は仮に悪かった時でも信頼は変わらぬように見え、自信を持たせるよう励ましているようにも見えました)。団結力も。

 
 遠藤選手なんかも海外の評価が高いですが、もう少し若ければという声も聞かれます(もっと早く海外でプレーできていれば)。今でもやれますが、敢えてチャレンジするかは数年の勝負ですので行くのなら覚悟を決めなければいけませんが、この年齢からというのも少しリスクはあるものの、挑戦するのもまた面白いかもしれません。


 監督の采配も結構光りました。正直に言うと彼が今世界のトップレベルの監督かというとそれは違いますが(ワールドクラスの監督ではあるものの、足りないものもある、それは彼自身もわかっていて、だからこそもう一段上のステップへと行くために代表監督という重責を担う覚悟を決めた面もあるかと思いますが)、それでも彼にはセリエAでの強豪を率いて多くの優勝経験があり、大きな大会で勝つことの重要性も知っているということもあり、経験と勝ち方を知っている監督という意味ではこれまで日本には足りなかった部分を補ってくれました。
 
 
 実は彼自身もキャリアの中では下降期にあり、近年は思うような成績もあげられずもう一度奮起してという気持ちも正直あったでしょう。

 
 日本にはこれまでここが決定的に欠けてもいました。このクラスのいわばワールドクラスの指導者に実質的に教わるのは大きいです(オシム元監督もいましたが、長くは指導できなかったので。ただし、より実戦でもつい最近まで指揮をしていたということでのことではザッケローニ監督の方に分があります)。ここも確実に今、活きています。彼は細かく教えるタイプですが、と同時にやはり多くの戦い、試合を、選手を、練習を見てきただけあって選手の気持ちの持ち上げ方もうまいです。この辺りはさすがで日本人監督にはなかなかできません。
 
 
 岡田前監督は集中力を欠くということでポイントミーティングのようなものだったと聞きますが(これもピンと来るものがあり、恐らくイタリアの名将リッピ監督のそれをまねたように思えますが。まあ、これはわかる人にはわかる話ですが)、ザッケローニ監督はより細かく対応し、より意識して見せるというやり方のようです。

 
 アジアでは、ここで取れないようならという気持ちもあったでしょう。もちろん、みながみな自らを奮い立たせるための言葉でもあったと思いますが。控えの選手も含め、チームが一丸となっていました。
 
 
 ただ、試合内容は良かったものの、これで満足できる内容かというとアジアカップを手にしたということで大きく評価できるものの、全体的にはまだまだです。相手が強くなってきているのならその先を行かなくてはなりません。楽に勝て!とは言いませんがこうタフな試合が続くと体力もそれだけ消耗し、雰囲気も勝ち上がるほどに違い、選手たちには過度な負担がいき、その分、ケガをしやすくなります。現実に日本のエース級だった香川選手は韓国戦で大きなケガをしてしまい、今シーズンすら危ぶまれる現状です(優勝までの戦いに間に合えば良いのですが)。
 
 
 もう少しこれで勝てるというようなパターンとも呼ぶべきものも欲しいです。苦しい戦いでしたが、まだ安定して力は出し切れてもいないということでもあります。ここで、というところでもまだ欠けている面もありました。勝てる時には勝てる試合をする、まだこのレベルには行っていません。そういう意味ではまだまだ強豪国とは大きな差はあります(選手層でもまだまだです)。
 
 
 アジアカップは当面の最初の大きな目標でしたが、先に進むためのもので、ここからはより難しいものにもなっていきます。これでコンフェデにも出られますが、どこも王者で強い国も多いのでやりがいはありますね。どこまで行けるのか新生ジャパンの行く末を見届けたいものです。先は長いですが。

  
 人気ブログランキングへやってくれましたね。苦しい試合も多かったですが、結果が実って良かったです。本当、お疲れ様です。みなかなり疲れていると思うのでゆっくり休んで次へと備えてもらいたいですね。次はコンフェデになりますが。
 
スポンサーサイト

〔テーマ:アジアカップジャンル:スポーツ

New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。