categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category芸能

新なんでも鑑定団・司会 今田耕司 テレビのマンネリ化

trackback0  comment0
 なんでも鑑定団は結構見ているのですが、新司会者になってのものも数回見ました。今田耕司さんの司会になってからのものですが、それほどの大きな違和感は感じませんが、まだ硬さと話の膨らませるもろさが見られ、寸切りされたような形のものもちらほら見られ、中途半端に途切れてしまうところもあり、無難にはこなしていますが、全体的にも膨らませるという意味ではまだまだです。仮免ー試運転というくらいでしょうか。 
 
 
 この番組は一般の方もよく出られ、社長さんなんかも出ることも多いので、そんな時にちょっと見劣りしてしまうのと、そうした時ももっと引き出しをうまく使わないと逆に空回りしそうです。
 
 
 また一般の方に向けての突っ込みはやはり、お笑いと違い、反応が鈍いことも時にはあり、ナチュラルに包む繊細さも欲しいところです(流してしまっていると思われるところも見られるので)。国際的にも見られ、台湾なんかでも実は大人気なのですが(向こうで放映されて)、そうした時にもやはり見劣りしてしまうという点はあります。ダウンタウン系のというイメージでも見てしまうのでそうしたところも抜きにして1本立ちできるかがより前ということには鍵になります(残念ながら彼が司会を担当した番組は軒並み短命に終わっています。悪くはなかったのですがー司会ぶりはーただ、先を見据えての司会という意味ではそれらの番組でもアクションが弱かったです。この番組はもともと長く続いていますし、すぐに終わるということはその趣向からしてなさそうではありますが)。
 
 
 こうした番組で大成功したのはある意味、一般も含めてということと、また鑑定を敢えて表に出すことで一つの舞台のような形でも表現させ、ここにおいてもスポットが当たり、主役にもなれるという意味では斬新さがありました(お宝あってのもの、また知識の差・鑑識力の差あってのもの、外れた時、大きく上回った時あってのもの、多くの人が参加してのもの、またそれを鑑定し、見極める鑑定士あってのもの、それをまとめる司会・アドバイザー(石坂さんのような位置の)・アシスタントあってのもの、一緒に楽しむ観客、多くのそうしたものをこよなく愛す人たちあってのものでもありました)。
 
 
 さすがに今は考えにくいですが、一時はカムバックしてきた時に「お前、もう○年やってきたやろ、もうええやん。十分学んだで。賢く見えるやん。楽しんだやん。そろそろ、ええんちゃうか、代打は。真打ち登場やで」といって同じ吉本なら戻ってきそうなイメージがあったのですが(少なくとも今田耕司さんと聞いてこの可能性はあるなと当初は思っていましたが)。この場合はそうしたイメージを打ち消すためにも「○○」のというイメージを変えるためにも、大物を使い、打消し、そうした可能性もなくして入る余地をなくすという選択肢も必要だったりしますが、さて。
 
 
 ただ、あまり前に出すぎずにサポートをという形主体で和ませるものでもあるので、抜けたからといって番組構成そのものが大きく変わるわけではないので、なんでも鑑定団そのものは楽しめますが。
 
 
 彼がいなくなってやはり打ち切りも多くなってきましたが、やはり仕方ないでしょう。ただ、以前にも感じていたことですが、基本的に今はほとんど一般の番組は見ません。どこをつけてもお笑いの同じような似たり寄ったりの構成ばかりで、そこそこの人数で、そこそこの人たちを集め、無難にそこそこは取るというのも見えるからで、テレビそのものがマンネリ化しています。
 
 
 空いた番組にまた同じようなものを入れるようでは芸がありません。歴史番組や教養番組もくだけた感じのものになってしまいがちですが、逆にマニアックなものや歴史の人物にそれぞれ焦点を当てて続けていくようなものや、数学的な、または科学的な楽しさを伝えるもの、名曲などや歌手・バンドなどに焦点を当ててじっくりと作り込むようなものや、子ども向けの教養番組、またその世界の楽しさを伝えるようなもの、小説なら小説の、絵本なら絵本の世界の、ファンタジーならその系列の、映画なら映画の、美術なら美術の、そうしたものなどももっとあってもいいように思えます。或いは敢えて破天荒なものをやるとか。
 
 
 場合によっては敢えてピックアップして昔のスポーツの試合を見せるようなものがあっても良いのです(海外系ではありますが)。またスポーツにより特化した番組なども。また今の企業の風景を個々にわかりやすく伝えるようなものがあっても良いかもしれません。やろうと思えばやりようはありますが、なぜかお笑い系やや中途半端な番組も多く、そこそこアイドルも入れたりしてという、実際何を目指しているのかよくわからないものも多いです。個人的には全般にはかなり前に終了していますが、もっと良いものを作ってもらいたいものです。
スポンサーサイト

〔テーマ:お笑い/バラエティ 全般ジャンル:テレビ・ラジオ

New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。