categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryスポーツ

その裏には

trackback0  comment0
 他にも書くことはたくさんあるものの、少し関連を。長期政権をやめるということには思惑があります。特に野球の場合にはパイが限られています。誰かが長期政権である限り、まず合わない、形を・そこに力を見い出せないのなら監督から主要スタッフとしてコーチなどにも迎え入れられません。
 
 
 そのために食い込みたいと思っている、またやりたいと思っている球団OBなどからは反感をもらいがちで、長く続けば続いてゆくほど溝ができる場合があります。

 
 中日の場合、まさにこんな感じもありますが。そこが終わらない限り、自分たちがそこにまた戻れないわけで、彼らにとっては長期政権が同じ球団で続くということは望ましくはないわけです。
 
 
 それがゆえにということももちろん含意されているでしょう。ただし、球団社長に自分のチームの敗戦でガッツポーズされようものならそれは別の意味で団結もしようもの。事実であるのならそれは握手しようとしてもわからないふりでスルーされますね。後からその有無について見る必要はないとの趣旨のコメントが出ましたが、彼からすればボスが2人いるのがいやだということもあるでしょう。金を払っているボスはオレだということもあるでしょうが(実際は選手たちのがんばり、ファンの支えで何とかなっているのが実情ですが。運営に問題はありますね。もっとやりようはあるはずで入りやすくする工夫や物を売る工夫、サービスの工夫、親しみやすい球場という形にしたり、選手たちを後押しするようなものを組んだり、名物となるようなものなどをもっと販売するなどいろいろあるはずですが、少なくともやれることは)。
 
 
 見てろよ~と。既に退任は決まったこととされて既成事実化してしまいましたが、10月までの契約なのでそれからは1日ずつくらいで更新する気のようです(よっぽど長く監督をもうさせたくはないのでしょうーだからと言ってその手腕は認めざるを得ず、今代えるわけにもいかず、また日本シリーズの権利も、できれば日本一も欲しい、それでいて落合にも辞めてほしいという強欲を叶えようとしているのですからフロントへの不満は選手たちからは高まるでしょうが、やめていく人間もまたいるでしょう。ウルトラCがないわけでもないがそれには選手の覚悟も必要。契約更改でみながサインしないという奥の手がーただし、これだと成績の悪い選手は本当にそのまま切られてしまう可能性もありますが。ただ選手たちに犠牲をしいるようなやり方は落合監督は望まないでしょう)。
 
 
 彼がもう一度輝かせた河原投手などは輝いていた時期もあり、大きな貢献をしましたが、来年はもう契約しないようです(フロントなどの判断から今年悪かったということもあり。落合監督なら出さなかったでしょうが)。ブランコ選手など他に3選手は森コーチについていくと語っていますし、どうなることやら。
 
 
 中日のあの山崎選手が戻ってくるようですが、いい意味でタケシが!となるでしょうか。なればいいですが。今年は吉見投手の最後のちょろっと登板での1勝拾いでの最多勝に議論が起きていますが、私ならこうした形は好みません。ご褒美としてもらうくらいなら自ら勝ち取るくらいでないと。仮にもエースである以上は。これで彼は2度目ですね。昔と言えば松井選手と山崎選手とのホームラン王争いで、最後の最後の方で中日が勝負せず、1本差で松井選手が逃したあの時も思い出します。
 
 
 阪神は早くも?という行動も見えますし、日本ハムもまだ不明、横浜に至ってはまさかの横浜モバゲーベイスターズとなってしまうのかという始末。モバゲーと言えばゲームですが、近年は負のイメージもありますねーそれを運営している会社が出ていますが、鉄道系列が本気で目指すのであれば彼らは地元ですのでそちらの方が好ましいですが、問題続きですね。
 
 
 果たして横浜モバゲーベイスターズなるものが誕生してしまうのか、テンションは早くも落ちそうです。知名度を上げればという戦略なのでしょうが。本気で上を目指すのなら中から変えざるを得ませんが、果たしてどうなることやら心配です。楽天は球団を持とうという意志は見えていただけに、今回はあやかろう的な感じもあり、どこまで本気かも全く分からないだけに。
 
 
スポンサーサイト

〔テーマ:野球全般ジャンル:スポーツ

New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。