categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryニュース

4月なのに初夏のようです 節電は

trackback0  comment0
 4月なのにここ数日は初夏のように暑いですね。4月ですよ、まだ。でも本当にまた節電で足りなくなると計画停電はこうした時にやるところも出てきてしまうかもしれません(好き嫌いにかかわらず)。関西などはかなりのピーク時の電力不足が予想されます(もちろん、ピーク時のそれを避けることが一番ですが、場合によっては土日出勤とかある人も出てくるかもしれません)。
 
 
 急に電力は作れませんし、逼迫していれば融通も多くはできません。空いている無駄なものをと言っても深夜などの大口割引を使っているところも多く、そうしたところが節電したとしてもピーク時のそれとは違う時間帯ですので、その時間帯での効果はあまりありません(最も多く使うのは企業系のものです。そのため、それが大きな焦点になります)。
 
 
 ただ本当に電力がないのか、きちんと考えた上での判断なのかなど猜疑心を生むものも少なくありません。ただ関西に多く電力を供給していた原発が動かない動けないとなるとある中で何とかやり繰りしなくてはなりません。
 
 
 計画停電になると対象地域は一定時間(2~3時間ほどぐらいー恐らく)全く電気は使えません。そのため、料理に電気を使うものは使えず、場合によってはお湯すら沸かせず、コーヒーもままならないなんてこともあるかもしれません。夜も暗いと大変で、信号なども消えたりするので、歩行者や自転車などより注意が必要になります。また夜電気を使えないと食事もままなりません。代用の品を用意して明かりを確保しなくてはなりません。
 
 
 当然、周辺のお店の営業時間帯などにも大きな影響を与えます。電車なども停まると利用している人は苦しいです。停電前に早めに停まってしまうことも考えられます(こういうところには最低限融通が欲しいですが、仮に動いても本数はだいぶ減らされるでしょう)。
 
 
 場合によっては何かを必要とせんがためにやられるかもしれません(ただこの辺りは詳細なデータがないため、何とも言えませんが)。ただ、現実的に不足することはありえるので場合によっては備えも必要かもしれません。できればしたくない、これは多くの人の本音かもしれませんが、可能性は0ではありませんので。うまく使えば乗り切れるかもしれませんが、それは個々の対象地域(電力不足が予想される)の節電意識も高める必要はあります。無事夏を乗り切れると良いですね。
 
 
 地震なども時折続きますので、油断はしないようにしたいものですね。それではこの辺で。
スポンサーサイト

〔テーマ:ニュースジャンル:ニュース

New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。