categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category本・雑誌

知らぬ間に復刊

trackback0  comment0
 近年は知らぬ間に復刊というケースも少なくないですが、中にはこれがというものもあります(古くて需要があるのかどうかという微妙なものも)。ただ、そんなものでも復刊されるとやはり古本などの価格には影響したりもします。
 
 
 昔は1万円以上したものがもはや1000円~2000円でしか売れない、そんなものもざらにあります。

 
 中には一時的に復刊というものもありますが、恒久的に復刊するものもあり、新装になってという場合や文庫もので出されるケースもあります(違う出版社からというケースも)。
 
 
 古書で今まで見かけなかったものが急に出てくるようになったとしたら、少し注意が必要ですね。その場合、復刊されている可能性は大で、高く買ってしまうケースもあるので(おお、と思ったら普通に売っていたというケースも。昔はそこそこレアで3万くらいしていたものが1000円ちょっとでというものもありました)。
 
 
 新しいのが出るとやはり持っていた古いものを手放すして新しいものを買う人も少なくありません。昔は高額本の常連で安定して1万円以上で売れていたようなものも今は昔、そんなものもざらです。電子はまだ限定的範囲にとどまるので、影響でいえばこうしたタイプのものの方が大きいです。
 
 
 個人的にも新しく出たもので買ったものも少なくないので、欲する人の気持ちもわかります。おお、これが出ていたか、と。それもまた時代を感じさせます。時には書店に出向いて見てみるのも良いかもしれません。最近は新刊書店などでもいろいろ工夫されているところもありますので。
スポンサーサイト

〔テーマ:本に関することジャンル:本・雑誌

New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。