categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category政治・経済

解散選挙へ突入

trackback0  comment0
 いよいよというか、やっとというか、思わぬタイミングで何とか年内解散へと至ることになりました。12月16日予定。ここまでの道のりは紆余曲折ありましたが、先日の解散表明で解散が裁判などで向こうと判断されない限り、実地され政権交代の生まれます(定数などで違反状態、比率の大きな差などありますので、無効と判断される余地は残され、向こうとなった場合は認められませんので無効となります)。
 
 
 民主党がいろいろやろうと手を突っ込んで混乱した面もありますが、与党となり、野田政権になってからは半自民党的なものとなり、似たようなものになってしまいました。自らを引きづり降ろされることを嫌い、後の影響力も考慮して自民・公明とのそれもにらみつつ、第三勢力の維新や太陽などの勢力が整わないうちに手を打ち、牽制も自己の影響力維持も兼ねてのものでした(こうした面で保身と攻めがという異例の表明となりました)。うそつきと呼ばれるのを嫌ったとのことですが、国民にはさんざんウソをついてきたわけで、しかもその声をほとんどまともには聞こうとはせず、近いところで聞こえる声は痛いらしいのでやれやれという感じです。
 
 
 自民も自民で大人げない対応が続き、所信表明すらできないというような、半ばいやがらせのような子どもじみたことをしたり、解散を人質に先に解散を約束せねばという政局にらみばかりで、煮詰めたものにはなっていませんでした。少し支持率は回復したものの、大きくというほどではなく、離れていた自民党支持者や無党派層が少し引き寄せられたという程度で、昔と比べ、どのくらい変わったのかというのは未だに見えていません(地盤・看板・お金などをそっくりまるごと引き継ぐ世襲も相変わらず露骨に行われており、今度の選挙でも何人もの世襲を目指して世襲議員が誕生しようかともくろんでいますー個人的に一概に二世、三世が悪いとは思いませんが、それでも何度も多く出ると他の立候補の道を狭め、選択肢を少なくします。それは長い目で見ればずぶずぶの関係となり、慢性化しやすいので悪しき影響も少なからずありますーもし仮に本当に立候補するつもりなら全然別の所から一から出直すのが筋だと思いますがーそこで勝てないようならその程度の実力しか今はなかったということになります)。
 
 
 右を意識し出し、その方面へと舵を取り始めましたが、もともとそうしたものはネットなどには声が反映しやすく、大きくなっているように見せかける効果もあり、そうしたものに釣られてしまった感もありますーそれだけだと限られるので頭打ちになります(この間に中間層であった層は少し距離を自民党から置きました。伸び悩んだのはそうした面や、新規にアピールするところが足りなかったからです。また野党になって何をしてきたか、どう自民党を変えようとしたのかも、今後何を明確にすべきかもはっきりとは見えませんでしたー安倍総裁の金融緩和をということでその方面でやろうとしていることはわかりますが、うまく効果を維持し得るかはまた別問題です)。もうすぐ政権与党と浮かれ気味に見えますが、それほど甘いものでもありません。別の所に持って行かれる可能性もまだ秘めています。
 
 
 今の社会のありようをどうするか、外交・同盟を押すのならどうすべきなのか(ただ声高に行っても残念ながら外交は他の国との駆け引きという面もあるのでどう自分のテーブルにうまく乗せられるかができなければ難しいですー動かせるかです)、教育や治安面でのことはどうすべきか、経済の立て直しー借金返済のスリム可、エネルギー政策はどうするか(自分たちの過去の過ちも含め)、日本という国をどうもっていこうとするのか、国民の声をどう反映させるかなど 、まだまだたくさんあります。
 
 
 民主党も与党になっていろいろやろうとはしましたが、あまりにもいろいろやろうとしすぎました。そんな短期間に実のあることをいろいろはできません。コスト面でよりという面で、国民の目に触れるところでという意味では仕分けもそれなりに効果はあったものの、結果としては財務省のコスト削減面での協調効果が見え隠れしていました(今はまさに財務省そのものかと思えるほどにそうした路線に乗かっていますが)。また削減されてしまったものも後から復活していたものや形を変えて支給されていたものなどもあり、半々といったところです。
 
 
 民主党がもし一縷の望みを賭けるのであれば自民党とはここが違うということを強調した上で、どういう未来を築くのかということと、右で来るのならリベラルを対立軸に組み合わせ、やっていないものを敢えて強調するというところでしょうか、原発の方向性を変えるとか、教育の多様性をどう確保するか、経済を立て直すためにこうするとか(ただそれも、経済からの要請が強かったとはいえ、再稼働してしまったことはネックで矛盾しますし、消費税増税は答えにはなっていないので難しいところです)、自ら議席を正す、新機軸のエネルギーの促進や新たな経済活性化策、社会保障についての踏込、安定化した社会を目指すにはなど結構ありますが、説得力をもって伝えられるか、説得できるかは別問題です。現政権の強みを活かせるかはこれだけ逆風が厳しいとなかなか。最後の賭けに出た首相の意気込みでどこまで持ち直せるか不透明です。


 第三勢力はまだ整っていないうちに選挙に突入という厄介なタイミングで選挙に突入することとなりました。橋下市長率いる維新はやはり台風の目で大きく飛躍する可能性は大ですが(ひょっとすると大化けするかもしれません、3ケタ100人以上当選の可能性も)、まだ政策面での他の党との連携は模索段階です。ただ、彼は結構したたかですーその面では今の自民党よりもうまくやっています(右だけでなく、左にもアプローチし、右でも左でもないというスタンスは取っていますーどちらかと言えばというものはあるものの、必ずしもそこだけにはこだわらず、取れるものは取り、入れるものは入れるという形に)。
 
 
 この大勝負にどう出るのかというのは他の党にもチャンスはあるということです。小沢氏のグループもありますし、共産党などもがんばってはいます。減税は太陽に合流しましたが、石原新太郎氏がこの選挙に賭ける想い強いはずですので、どこまでがんばれるかも見ものです。政策的な違いはあれ、大きな網のような緩い連携でというのならより幅広く見えてきます。政権に本格的についていない今は強みです。東京都・大阪府・大阪市・名古屋市といった大都市を率いてきたという面では+です。ただ民主党の失敗例もあるのでもっと本気度を見せなければなりません。
 
 
 他、具体的な政策スタンスや、ビジョンも必要になります。この他にも多くの党がありますが、独自性をうまく強調できればチャンスはあるでしょう。議席を取ればその分だけ仮に少数でも意義はあり、芽をつなぐことはできます。少数であるのなら違いをより鮮明に打ち出すことです。惹きつけられるものをどこまで出せるか、ということですが。
 
 
 今回はいろんな面で悩ましいです。どこに投票しようか、正直悩んでいる人はかなり多いと思います。私もその一人です。なかなかに難しいです。誰に一票を託すのかというのは重い決断ですので。自分にも関わることなので多くの人に選挙に出向いてもらいたいですが。
 

 
 
 
スポンサーサイト

〔テーマ:気になるニュースジャンル:ニュース

New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。