categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryスポーツ

敗退 惜しいだけでは意味がない

trackback0  comment0
 コンフェデの日本ーイタリア戦、朝からやっていました。試合も見てみました。こういう闘志をもっと前から出せていれば、と思うものの、負けてはいけない試合で負けてしまいました。惜しかった、では意味がありません。それはただ単に負け惜しみのように響いてしまいます「惜敗」と。
 
 
 イタリアは明らかに立ち上がりなめていました。というよりもおごりがありました。それは見ていてもわかりました。余裕も。「行けるだろ」みたいな感じです。
 
 
 最初のブッフォン選手ーゴールキーパーが、岡崎選手を倒したのでなぜかPKの判定が出てしまいましたが(ボールに行っていて、直接足を刈ったわけではないのでこれでPKはキーパーがかわいそすぎます。これではキーパーは何もできません。あそこでああして奪いに行かざるを得ない場面ではなおのこと)、審判からは見えなかったのかもしれませんが、超ラッキーなPKを本田選手が相手が真ん中というデーターが残っていることを見越して右に流し込み、先制。
 
 
 2点目は香川選手のうまいタイミングでの合わせたシュートで2-0.この時点でおお、いつもと違うぞとは思ったものの、いやな予感はありました。2-0になり今度は日本の方が少しだけ気が緩んできたのです。ほっとしたという表情よりも無難に行けるというような、これまた勘違いな空気を少し感じました。

 
 2-0になれば気持ち的に違いますが、イタリアは早い段階での失点、そして続けての失点に少しパニックになっていました。そこから少し盛り返してきてヘッドで1点返したのが大変大きく2-1。そして試合は前半終わるくらいまでイタリアが盛り返し、最後の方はあわやゴールかというシュートがポストに。これで2-1のまま後半へ(この時点で2-2になっていたらもっと落ち着いた試合になっていたかもしれませんが、この日はそうなりませんでした)。給水にというタイミングもボールの蹴り手のピルロ選手は見ていました。そこへデ・ロッシ選手のヘッドがタイミングよく決まったのがイタリアの最初の点です。
 
 
 後半、日本も攻めという段階で攻めきれずに、同点にされ、2-2.そしてまたもう1点奪われついに2-3と逆転を許し、前に出ざるを得なくなりました。ここから日本は攻め、イタリアは守り抜こうという感じでしたが、岡崎選手がうまく、遠藤選手のボールを決め、3-3に。今大会初めて見せた粘りでした。
 
 
 ただその後に、いいボールを入れられ、それを決められて3-4となり、そのまま終了、これで日本の敗退は決まりました。イタリアとしても負ければ相当厳しく、引き分けでも次はブラジルとという今大会の本命とも当たるのでぜがひでも決めておきたい試合でした。日本が勝つもしくは引き分けてもう先がないメキシコ戦でとなればどうなるかわかりませんので。
 
 
 双方のPKは正直PKになるようなものではありませんでしたがー長谷部選手のハンドも、それがなくとも2-3で負けていましたので、それは理由にはなりません。攻めるチャンスは日本も多く合ったものの、前半から飛ばしていたため、足が少し止まっていた時間帯が前半、後半双方にありましたーいずれも失点につながっています。
 
 
 またさすがにプランデッリ監督とだけあって実に攻め、守りも意識した積極的な交代をしてきましたーそうならざるを得なかったわけですが、途中までは。ただ交代の意義ははっきりしていてコンセプトもはっきり見えました。それに引き替え、残念ながらザッケローニ監督の交代は手が遅いです。またちぐはぐしていました。交代も効果的とは言い難く、時間帯も微妙でした。正直、あそこは足の速い選手か、ちょこまかと動けるタフな選手が欲しいところでしたが、皆無でした。流れがということも気にしたのかもしれませんが、交代をかけるのが遅すぎです。
 
 
 イタリアも疲れていた時間帯、チャンスはありました。ただ途中から泥試合となってしまいましたー見ている方は面白いですが、こういう展開はやっている方はしんどいです。また負けてしまえば負けたチームは激しい試合だっただけにどっと疲れも出てきます。正直、双方にしんどい体力を消耗させる試合でした。

 
 ただ、勘違いはしてほしくはないのですが、イタリアは中2日で、蒸し暑い中、試合に臨まざるを得ず、コンディションは万全ではなく、中3日の休養の日本の方にアドバンテージがありました。イタリアは明らかに途中からは重くなっていました。今日の試合、競りましたが、そうした要素も小さくはありません(野球などの中2日ちょりもはるかに厳しいですー特に体力を消耗するサッカーでは。1日の差は思っている以上に大きいです。活かしきれませんでしたが)。


ただそれ以上に日本は良く動いてはいました。ただ途中から日本も前に出ざるを得ず、イタリアが前に出たのと同様にリスクも抱えた試合展開でした。
 
 
 特に最終ラインは今日もあたふたしていました。惜しかったし、2-0のままで折り返せば違っていたかもしれない中、1点取られて勢いをつけたまま終えられたのは痛かったです。イタリアはしぶとくやはり勝ちを知っているチームでした。
 
 
 正直、攻めも多かったものの、日本の方が強かったとはやはり言えません。決めきれない、守りきれない、流れを変えられない、では。ただ、今大会で前への意志はこの試合が一番出ていました。こういう形をもっと見たかったわけですが、負けてはいけない試合で負けてしまったということ、それも2-0でリードしていた展開でもあっただけにショックもあるでしょう。それは逆転を許してしまった時の表情でもうかがえますが。
 
 
 後1試合、メキシコ戦のみ。悔いの残らぬよう、戦い抜いて欲しいです(悔いは大いにあるでしょうが、実際、こうした死のグループに入ってしまうことはあり得るので。正直、対戦表を見た時に日本は一番取りこぼしてはいけない相手と思うでしょうから。そこがイタリアの慢心にも見えていましたが)。
 
 
 惜しいだけでは意味がない、それがプロの世界でもあります。惜しいと言っているようでは慰めているだけに等しいです。それではいつまで経っても進歩しません。攻めてはいたものの、攻めの拙さもやはりありましたし。試合全体でどうするのかという難しさもありました。ミドルなどを打っていたのは良かったですが、互いにポストになどもあり、見ていてはらはらする試合でした。
 
 
 惜しかったものの、まだまだだなということも同時に強く感じさせた試合でした。
スポンサーサイト

〔テーマ:サッカージャンル:スポーツ

New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。