categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryオークション

偽造贋作絵画販売youandkensuke,tonbobataほか

trackback0  comment0
 選挙について少し書こうかとも思いましたが、あまりにもあからさまな贋作偽造絵をまたいつものようにようにyouandkensuke(神奈川名義)、また同一のtonbobata(静岡名義)らのIDで出していたので載せます。両方ともに偽造贋作絵画で軽く30万オーバーの偽造贋作販売のヤフオクのIDです。
 
 
 藤田嗣治などはもののみごとに偽物で、まず描いているキャンバスも違いますし、サインも全く違います。何よりこのなどは似せていますが、このようなへたくそなものではなく、まず1920年代にこのような絵は描いておりません。藤田の絵などは研究者が海外にも多くいるように把握されていますし、新規であればそれだけで事件です。笑わせます。肉筆でまずこの値段ありえません。どんなに安かろうが3ケタ切るような油彩は知りませんし、何より絵が新しいです(入札している人たちにはほんとあきれていますーーこれらから買おうなどとは)。
 
 
 ウォーホルの偽物も出ていますが、全て偽造品で、ウォーホルではなく、第三者が手を入れて描いたものです。こつてこの種のものは数ドルから100ドルいかないくらい出されていたこともありましたし、私もそれらの偽物を確認しています。こんなものに入札して競っているとは正直、あきれてしまいますーそんなことだからいいように詐欺にやられるのです。チェ・ゲバラのこの絵の本物の所在は既に知られており、一般に出ているわけがありません。ましてやyouandkensukeごときの偽物贋作詐欺師が手に入れられる額ではありません。
 
 
 ■追記ー靴のウォーホルの絵も第三者がてがけた偽物です。数年目にこの種の偽物は多く出ていましたし、これらも1ドル~200ドル前後で出ていたりもしていた真っ赤なニセモノです。こんなものに数万円出すことすら恥ずかしいです。ミロ、ピカソなどももちろん偽物で、オルセーのものもです。エゴン・シーレの絵も真っ赤なニセモノで、本物はyouandkensukeごときが手に入れられる額ではありません。個人で日本で彼の直筆の色彩物で描かれたものを持っている人を私は知りません。手に入れられるような額ではなく、億単位しますーまたそんなに出てくるものでもありませんので、お金を持っていても買えるものでもありません■
 

 草間彌生さんのものは100%偽物です。前にそこそこ高値で売れたようなので調子にのって出していますが、Hersh証明書など何の証明にすらなっておらず、このような紙切れで現在、美術品として保証している美術館並びに記念館などはありません。また草間さんのものは扱うのには現在は登録制になっていて、それがないと本物の媒介はできない仕組みになっています。その時点で偽物だとわかります。Hershなどではなく、草間さん及び関係者らの承認が必要なわけです。近年世界的にも評価が上がり、これのように贋作も多く出ていますが、基本的に登録のないものは例外を除き、本物扱いされません。6万で競って入札している人たちがいますが、その見る目のなさにもあきれます。しっかりしてください。


 
 「美術品出品者として、本物を提供することが最大の生命線という思いで真作のみを集めているつもりです。本品は一流の鑑定書も付属しています。海外でも日本でも鑑定家(鑑定機関)もピンからキリまでいます。キリの鑑定家から贋作と判定されて、その鑑定料も払うと言う出品者がいますか?どう想像されようと構いませんが「贋作と鑑定されれば返品できるだけの都合の良い出品にしか見えない」と思われるのでしたら、入札しなければいいだけのことです」
 
 
 一体どうしてこんな都合の良い回答を言えるのか、それで入札する人の気がしれません。

 
 前にも本格的に少し書いたものもありますが、ここで注意してあげた怪しい連中は結構あげられていますー逮捕されています。大きな事件に発展したもあり、大きな被害となってしまったものもあります(ぺ二オクも含め)。闇の組織だったものもありますし、そういうものはようやく上が目をつけて動き出すのが遅かったくらいです。上が目をつけるというのは本格的に介入するということです。それまではそこまで動くとは思っていなかったようですが、テレビなども使ってあれこれと逃げ道も用意していました(大々的にそうした宣伝もできる悪質グループでした)。が、さすがにあそこまでやってしまっては潰しに動きます。それまでの動きもさすがに目につきました。
 
 
 離れた人間もいるようなのでそれはそれでいい機会です。いつまでもそこにいてはいいように使われるだけですし、せめて少しは自分の道をいってもらいたいものです。ここまで目をつけられてしまった以上はもうかつてのように闇では動けないでしょうし。
 
 
 小競り合いではなく、報復の連鎖をというものでした。本当はそれに直接ではないにしろ、事件とは別に日常的に間接的にグループと関わってしまった・関わっていた関係者・芸能人らも多くいましたが(その界隈でトラブルも含め、彼らは動いていたので)、なぜか総スルーでした。これまで。そのうちの○○らはそれらの芸能人を落とすための人選とも見られていましたが、関わった人間は見事闇落ちしていました(別の意味で病み落ちしたりもしていたようでしたがー表向きのニュースになることはありませんでした。ぼかしたりして)。狙って落としてそれをしゃぶるように付け狙っていたので。有名女優らも。
 
 
 話は少しそれましたが言いたいことは山のようにありますがそれはそれで別にするとして、基本的に本物と信じられぬようなものにはお気をつけください。
 
スポンサーサイト
New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。