categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryスポーツ

勝負師オランダ ファン・ハール監督

trackback0  comment0
 オランダーメキシコ戦これまたワールドカップで熱戦だった。特に決勝トーナメントに入ってからいい試合が続いているがーブラジルーチリ(本来は開催国のブラジルが圧倒しなくてはいけなかったが、策士率いるチリはブラジルの良さを消していき、自らの強みも活かした)、コロンビアーウルグアイ(ただ、この試合はコロンビアの強さがより見えた)、ベストゲームの1つ。
 
 メキシコは守りもうまかった。特にオランダの超強力2トップにはほぼマンマークに近く、それを後方から観察力、強さにも長けたマルケス選手がケアし、球際はうまく複数で絡め取っていて、前半はうまく封じていた。
 
 オランダはオランダで早々に守備の要のクラッシャーで精力的にフルタイム動いてきたデ・ヨング選手をケガで交代を余儀なくされ、ここで中盤の再構成を求められた。CBをここ、代えに入った選手をCBに。

 中盤の走りやでクラッシャーでそこからの奪ってからの起点にも貢献していた選手がいなくなったことにより、バランスを崩して、幾度もメキシコの選手にスペースを使われ、走り込まれたり、ミドルシュートを打たれたり、やりたい放題やられていた。前半はメキシコペースで終了。0-0。
 

後半早々にドス・サントス選手のミドルで1点先制され、動かざるを得なくなった。スピードもあり、得点力持ったデパイ選手を左に投入、ロッベン選手を右、トップをファン・ぺルシ選手にし、5−3−2の基本システムから得意の昔ながらの4−3−3にーより攻める姿勢を見せた。ここで流れが出来てきた。すぐに決定機は訪れるも、絶好調のオチョア神にシュートを止められ、後半30分まで攻めあぐねていた。

 一方のメキシコも選手交代などをして、残しておきたかったドス・サントス選手も交代させ、また勢いのあったペラルタ選手も交代、守備を固めに。ここで点を取らねばならなくなる時に苦しくなってしまうなと見ていたが、1-0での逃げ切りを図った(これでカウンターなどの怖さは減り、結果押しやられていくことに自陣にメキシコが)。

 転機は今大会から初めて導入された給水タイムを活かし、後半動きの鈍った本調子なら絶対エースのファン・ペルシを下げ、長身のフンテラールを投入。頭で落としたり、ボールキープにも長けたカイト選手をFWにして2トップ気味にし、4-3-3をさらにロングやクロス、コーナーなどをより活かす形にし、4-4-2だが実質は両翼を上げ4-2-2-2ないし、4-2-4のような形に。シンプルに放り込む攻撃的オプションに。


 中盤を消され気味だった前半よりしかけもできるようになり、ロッベン選手もドリブルも疲れてきたメキシコに効き、ロングを組み合わせた攻撃はいい形になってきていた。ただ攻めるのではなく、みなが共通意識を持っていた。

 その流れからフンテラール選手からのボールを汚し役もやっていたからスナイデル選手が目の覚めるような弾丸シュートを決め同点にするとイケイケに。

 ここで落ち着くとカイト選手をまたSBに戻し、攻撃の主導権を握ったまま4−3−3に。攻めの采配だった。

 メキシコは明らかに同点ゴールで大きく気落ちしていた。ここでさらに畳み掛けてゆく。ロッベン選手の切り裂くドリブルそして前半からのダイブ(笑)もここで活きてきた。この苦しい時間帯にイケイケとなり、エリア内に突っ込むと出されたの足も考慮しつつ、走り込んでのダイブ(シュミレーションで本来イエローの対象だが、わずかに足がかかった、あのスピードで侵入し、ああうまく転ばれると思わずファールを取ってしまったのだろう。マルケス選手ごめんなさいという感じだがーバルサ時代から何度もやり合い、互いに熟知していた中だったから足はまずかった)。

 PKとなり、フンテラール選手が落ち着いて決め、2-1とついに逆転。これで勝負がついたが、流れは完全にオランダに来ていて、得点の匂いもしていた仮に1-1のままで延長戦に入っていたとしても、30分もあればーというか15分もあったのなら前半だけで決められていたと思う。PKがなくてもオランダが勝てたろうが、メキシコもうまく戦っていた。給水タイムが明暗を分けた。休んでいたように見えたメキシコ選手に対し、オランダの選手らは真剣な眼差しをしていたので。

 采配は前半の45分は辛抱を強いられたが、特に点数を入れられ、メキシコが守りに入ってからーというより、点が入って暑さもある中で残りの時間をしのごうとしてしまった、より効いた。メキシコは勝ちを意識してしまってのだろうと思う。そして圧に耐え切れず、ずるずると下がって行ってしまった。采配が明暗を分けた瞬間だった。


 ザックよ、こういうのが采配というものだ。機能的な采配は果たしてあっただろうか。監督、コーチなどの差もまざまざと感じた試合だった(もし、もう一度やれるのなら同じ選手、同じ監督、同じスタッフでということだが、それではきっとまた同じ繰り返しをしてしまうだろう。何より本番でビビッてしまったのだからー選手、監督ともに)。
 
 この状況下で日本に帰ってきてからの勘違いしたミーハーどものキャーキャーだのただ、写真を撮りたいだけかと思えるほどみな一様にカメラ、スマホを向けたのは恥ずかしい。感動をありがとう、てあれだけものの見事に惨敗し、

 日本            1分2敗    勝ち点1-2得点ー6失点
 コートジボワール    1勝2敗    勝ち点3-4得点ー5失点
 ギリシャ          1勝1分1敗 勝ち点4ー2得点ー4失点
 コロンビア         3勝0敗   勝ち点9-9得点ー2失点

 ダントツの最下位だったのにどこをどう感動したのか、そもそもそのような気力、気迫あふれるプレーが果たして見られたか、他の国の試合を見れば一目瞭然。もはやそれはただのミーハーファンでしかなく、選手たちのプラスには正直ならない。気合を入れ直してもろく弱い自分たちのプレーの質を磨いていくほかはない(精神的にも、肉体的にも、そして執念も)。気合入れ直して向き直せ。サッカーでお金をもらっているプロだろ、そこで仕事を果たすのが本来の君らの仕事。その日本代表でもあったのだから、名誉も賭けた。

 ■ザック監督も10億+アルファーくらいもらっておきながら、4年間でこのワールドカップのためにやってきてこの成績。で、その間に新しく力をつけてきた選手は見い出せたのか、適性は、オプションも4-2-3-1しかなく、それに当てはめただけ(当初は3-4-3を模索)。もっと柔軟に動けるよう複数のシステムは必要だった。現代サッカーではクラブレベルでも一定レベル以上のチームであれば複数のシステムはもはや必須。正直、ワールドカップでの監督としての適性は欠けた(異国で指揮を執るのも実質初、ワールドカップも初)。攻めの意志は植え付けようとした、それはそれで良い。ただポゼッションなどそうやすやすとやらせてくれるわけでもなく、ただボールをこねくり回しているだけでは意味がないし、狙われて致命傷になるーそして今大会はそれが現実のものとなった。封じられた時にどうするかも見えなかった。どろ臭く勝つということの執念も。


 人柄は良く日本になじもうと努力もしていたが、いい人であるのと、いい指揮がというのは違う。勝負事でもあり、結果で問われるのは当然の話。より柔軟に動ける形でないと。ストーリーを見出そうとすればどこにでもあるだろう。だが、感動何たらと浸っているほど日本は全然強くはない。

 ちなみにメキシコで今回良い采配を見せたエレーラ監督は1年で2000万弱程度。それでもこれだけやってくれている。あの派手な勝ちパフォーマンスだけではない。オランダも苦しめた。1億弱と10億弱でだれがどれだけ仕事をしたか。経済規模も違うから仕方がないが、彼は今大会優秀な監督の一人だった。タフネスでぐっとくる試合も少なくなかった。良い仕事をしてくれた。

 
 ■オランダのファン・ハール監督はクラブレベルでも常時試合に出れるよう求めた。そして、例え、絶対的なエースでも不調やケガを抱えていたのであれば代えることもいとわないーこのチームではあのファン・ぺルシ選手ですら例外ではない。
そこができないのは日本の選手層の薄さでもあり、キー選手なしで機能しなかったもろさだ。もっと強い意志を持つことも必要だった。賢くプレーするというのはこのレベルの選手でもよくやっている。考えてやるというのは通常のレベルでの考えるという意味合いとイコールではない。状況に応じて考慮するということも含まれるーロッベン選手ほどの選手ですらよくやっている。そこですら負ける用ではもう何も勝てる要素はないぞ、切磋琢磨しろ、安住せず、もっと荒波にもまれろ。■

 下の子らもまだまだだ。あのくらいの年齢でもうまい子はごろごろいる。そうした中、厳しい環境で磨かれていく中で才能がより開花する選手もいる。今の時点で、いい子いるねというレベル。無駄に追いかけて集中できる環境をそぐようなまねはせず見ていたいもの。ジダン選手、メッシ選手などはその頃でもべらぼうにうまく格が違い光っていたが。5年経ってどうなっているか、現状騒ぎすぎ。まだまだサッカーに打ち込む年齢だ。
スポンサーサイト
New «‡Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。