FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryスポーツ

統一球隠蔽問題 プロ野球

trackback0  comment0
 実はもう使われてすぐにその打球の質、ボールの行方なども含め、ボールがいじられているとわかっていましたが、プロ野球選手当人たちももう最初から打球が違うと気づいていた人が多いです。何年とかいうレベルではなくもう数十年見てきているのですぐにわかります。まずインパクトの瞬間もう違うので。
 
 
 気づいていた選手、プロのコーチ陣らも多いでしょう。「今年はヤケにとぶ」とそう言われてもきましたが、肝心の野球機構は隠蔽工作をしてきました。MIZUNOにまで口裏合わせをさせる始末。
 
 
 でも、変わったことはないと否定されてきたので、疑心暗鬼のままここまで来てしまいました。「とぶボール」であるのならすべての前提が変わってきてしまうので、それこそ当初より知らせていれば戦略もアプローチも正直違ってきていたでしょう。それほど左右します。

 
 恥ずかしながら某新聞には教授などを使い、思い込みー慣れの作用などで打てるということがなどと工作めいた記事もありましたが(自身の意図はどうあれーこういうことがあるというのをうまく利用されたのでしょう)、いくらなんでもここまで全体的に飛躍的に多くの面で上がるということは見たことがありません(思い込みなどで)。確かに認識や慣れというのは大きな力を発揮し、特に強い思い込みは大きなプラスにもなり、実際その才能を開花させてきた超一流選手たちもいます。見ていてもすぐに違いが分かるほど圧倒的に変わった選手もかつてはいました。実際そうしたメンタル面での作用も含め、厳しいプロの世界トップレベルでは近年より意識されてもいて、実際にコーチングが行われることも少なくありません。
 
 
 ただ、幾らなんでもここまで全体的に上がるということはほぼ100%ありませんーいや、ないと言っていいでしょう。シーズン比率で50%近くも全体でホームラン数が増えることなど通常はまずありません(5月下旬で46%ぐらいです)。こんなで全体のそれがただの思い込みや慣れなどで上がるわけがない。

  
 技術力の向上と言いたいところですが、かなりの面でボールのおかげです。上記のような記事で誤魔化そうともしてきたー少なくとも私にはそう見えました(ボールが言われ出していた時期ですし、ここまで劇的に全体的な底上げというのは相手もプロなだけにこうも極端に上がるというのはまず通常考えられません、ボールなどがいじくられたりしない限りはーもちろん規定内でのものとはいえ。ただそれ以上にとばないボールは明らかに異質でしたー昨年までのーそれについては後程)。
 
 
 これまではピッチャーが有利だったこともあり、全体的に野球の醍醐味でもあるホームランも減り、危機感を募らせてきたのでしょう。とびにくいボールではありましたが、打てるコツはありました、ただ慣れも必要でタイミングの問題もあり、全ての選手が適応できていたとは言い難く、成績を落とす選手も多くいました。
 
 
 大リーグのボールとも違った謎の統一球だったこともあり、批判にもさらされましたが、前よりボールうんぬんという声は聞こえてきていました。そこでより魅力のそれも引き出したうえでの野球の興業アップも狙ってのものだったのでしょう。
 
 
 事務局が、という話でしたが、加藤コミッショナー「知らぬ存ぜぬ」状態。真相はいかにですが、ただ最初からわかっていたら先ほども述べたように根本的に見直しが必要で戦略なども大きく変わっていたであろうため、由々しき問題でもあります。あそこに投げていればこの球ではそうは打たれないというのも打たれたり、手痛いめにあうことにもなるので。外野での計算も変わってきますし、とぶボールなら相手によっては配球も組み立て直さなければならなくもなります。
 
 
 そうとわかっているのといないのでは全然違いますから。「最初から言ってくれ」という人たちも多いでしょう。また全部が全部自分の実力と勘違いしてしまう選手も出てしまいますし(私は個人的にはとぶボールが使われていたシーズンはかなり差し引いて選手の実力を見てきました。近年では日本選手の不調や極端な成績悪化で日本に戻ってくる選手も少なくない中、大リーグ関係者の目も厳しくなってきていて、差し引いてみるようにもなってきました)、それで成績が上向いてもそのまま大リーグには通用はしないでしょう。
 
 
 ただ、野球を盛り上げたいという気持ちもわからないわけではありませんのでバランスを少し変化させたいということは理解できないことではありません。ただ、きちんと最初から話を通しておかなかったことが問題を大きくこじれさせています。選手たちの多くもなんか違うと気づいていたのにウソをついてきたことの方が問題です。これでは信頼関係も難しいものになってしまいます。成績に直結するものだけに道具の存在というのは思っている以上に大きいです。見ているファンにも試合展開で影響しますし。
 
 
 こうしたものでクローズアップされてしまうのは残念です。シーズン最中で。もう少し全体のことを考えてもらいたいです、影響も大きいので。ファンも含めて。
スポンサーサイト

〔テーマ:プロ野球ジャンル:スポーツ

 









        
 
http://sennosedoriaucgiri.blog62.fc2.com/tb.php/790-ea7d9c5b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。