categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryビジネス

個々に置いての差 Amazonなど

trackback0  comment0
 個々に置いての差などはありますが、売る売れない買う買わないというのは結局持っているものに左右されること大です。
 
 
 例えばマケプレでも月500をゆうに超す人はいますし、1日20万を切らないようにとしている人は知っています(切るとノルマは失敗と見ていたようでしたが)。知っていると言っても何度か見かけたくらいですが。ただマケプレの場合、通常の本で良いと思っても古本レベルでの話であり、ブックオフなどのレベルの比較的新しく綺麗めなものに慣れている人も多く、また客としてのスタンスがやや強いので、悪いや非常に悪いとつけられる恐れもあり、それらのパーセンテージが多くなると若干マイナスイメージを持たれるので全てが全て向いているということはないです。かなり辛辣な評価も実際あり得るので。もとより黒っぽい本であっても。
 
 
 個人個人を比較してもキャパが違うのであまり意味がないですが、そういう人たちも現実にはいるということです。私の知り合いにもめっぽう引きの強い人はいて数秒もかかりません(早い時間はかからず見た瞬間もう次にはヒュンと手にしています)。もちろん、基本ノールックです。機械に頼ると逆に鈍るということで使っていないようです。時折何を持っていたのかを思い出すのに使ったりしているようで用途は人それぞれです(持ってばらけているようなものや、重複していたかもというものや、またはこれはランキングの有無にかかわらずに速かったものー主にどんなのだったのかなどーこうしたものは実際あり、売れてもすぐに100万台とか、80万台とかになっていたりするので見逃しがちですが。ランクなしでも実はそこそこ高く売れるものもあります。ただ、基本時間がかかるものも少なくないので回収を考えれば敬遠したり、比率を人もいるでしょう。ただ彼の場合は、基本見なくてもばんばん手にできますので、基本的に見るというようなことはほとんど必要としていません)。
 
  
 引きが強いというのはかなりの強みで基本困ることはありません。ただ、買いすぎる可能性があるのでセーブが必要なことがあるくらいです。でないと、どんどんものだけが増えていき、とんでもない量になってしまいます。それで山のように埋もれている人も知っています。違うのはそこかしこに「おっ!」というものがあることです。もともとそうしたものが好きということもあるのでしょう、基本的に。
 
 
 売る買うに限らず、好きな人は本当に好きなので好きなので目の肥えている人は多いです。その場合、多く人が集まる中で瞬時の判断が大事だったりします。売る側だとしたら実はこの時の値段が左右します。買われる値段を意識しておかないといつまでも残ってしまうものもあります。状態が良ければ良い値段で買われることもありますが、ものによります。ただ元からボロなものだとボロくてもいい値段になるもありますが、今では昔ほど手に入りやすい環境にはありません。
 
 
 また結局多く持ち帰らなければという負担を考えればいかに減らすことができるのかというのも腕の見せ所です。その流れによりのだいたいの流れはつかめます。個々ではなく、全体比率で考える場合、トータルでもうかれば良いということで個々ではさほどでなくとも、安くても十分回収できる形でこちらの方が回転も回収も早くまとまってある程度欲しい場合にはいい時もあります。その分、次に回せたりもするので。
 
 
 セット売りなどは固定のシリーズなどでなく、ばらの場合、このように考えることも多くあります。また敢えていいものがまざっていればそれだけで高くなる場合もあります。内容が良ければまたお客さんは来てくれるのでそういうところも大事で、いっぱい買ってくれるような人はそれだけで宣伝にもなります(結構買えたよとか、~があったよと知らせてくれるような人もいるので、それを知り、急遽来てくれる人たちもいますー本など好きもの同士では結構知らせています)。どういうラインナップをそろえるかで変わってくる場合もあります。売り主体の場合、やはり「売ってなんぼ」の世界なので、いかにさばけるかというのはその差配も含め、個々の力量にも左右されます。
 

 見ていて楽しいというものもあるのでそうした雰囲気も大事です。その場の雰囲気を楽しむ人たちもいて、何度も訪れ人もいますので。がっつり買う人は1日に集中していることも多々あるので、そういう日に勝負をかけるのも面白いです。あれば買ってくという人も少なくないので。来てくれるだけでも本来ありがたいのですが。良いものは続けると常連さんもついてくれるので(そうしたところで知り、個々のお店の常連さんになってくれる人もいます)、出会いも大事です。いづれその出会いがプラスになるとすれば嬉しいですので。
 
 
 
スポンサーサイト
 









        
 
http://sennosedoriaucgiri.blog62.fc2.com/tb.php/796-baa18943
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。