FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryスポーツ

ついに楽天初優勝

trackback0  comment0
 ついに、あのとてつもなく弱かった、いやプロ野球球団としてどうなのかと本気で心配していた貧弱だった楽天が、ついに、ついに初優勝を果たしました。感慨深いです。
 
 9年前、戦力も全く足りず、他球団と比較して1球団だけ飛びぬけて弱かった楽天、本当に完全ウェーバーが必要と思ったほど何かしてあげないとと思わせた球団でした。
 
 
 あれから10年近く、いいチームになりました。もちろん、岩隈投手や田中投手という2枚看板がいた時もチャンスでしたが、打線が弱く、もうちょっと上に上がるためには底上げする必要がありました。
 
 
 星野監督になってからも我慢を強いられる戦いも少なくありませんでした。そこに大震災というものが直撃し選手たちですらも戸惑う中(それは楽天に限らず、多くの球団の選手たちも感じていたことでしょう。「こんな時に野球なんてやっていていいのだろうか」「自分にできることなんてあるのだろうか」などと)、プロ野球全体の灯は消しませんでした。
 
 
 その中で楽天は好調で、マギー選手、ジョーンズ選手と互いに相性のいい相乗効果もあり、長打力不足も補えました(なんでも星野監督の手柄にしたがる人もいますが、そうではなく、彼らを良いと直接面談までしていけると判断し、いい結果が出そうだと決めたと言われる立花球団社長、自らの動きが大きかったです。彼は野球の玄人ではありませんでしたが、若いですが、大役を任され、よく補強ポイントの強化や弱点をなくそうと努力しました。実質的にGMのような働きもしていました。この人の裏での支えも忘れてはならないでしょう)。 
 
 
 このシリーズでもいいところで打ちました。MVPで無失点の活躍だった美馬投手(やや危ないところもありましたが、いいところで交代してくれました)、先発、中継ぎ、抑えのような役割で大活躍した則本投手(彼もじきにエースと呼ばれる日も来るでしょう。その熱い投球は田中投手も思わせますが。少し似てますし)、 唐澤投手、いいところでいい活躍をしていました。先発陣は安定していました。中継ぎは不安でしたが補いました。東北での斎藤隆投手も出番は少なかったですが、きっちり抑えていました。
 
 
 銀次選手、藤田選手らも良かったです。松井選手も好調でした。彼はメジャーから戻ってきて、全く打てず、さんざん言われ続けたのでうっぷんもあったでしょうが、初の日本一となりました。嶋捕手もいいリードでした。
 
 
 最後の田中投手の登板はあのままでは終われない(シーズンを)と思ったので必ず出て来るとは思っていました(自ら志願してのベンチ入り、そして登板だったようです)。ただ、同時に出てきてしまうのかとちょっと心配でもありました(昨日160球投げて疲れていないわけがないのに気力で投げていました)。出てきた時の歓声は地鳴りのようで凄かったですね。みんな待っていたのでしょう(と同時に、投げるの?本当にとも思ったかもしれません。昨日、あれだけ気合を込めて投げていたので)。
 
 
 ヒットを打たれ、昨日ホームランを打たれたロペス選手にも打たれ、2アウトで塁上に2人で同点というところ、本当に最後まで気が抜けませんでした(さすがに浮き気味でしたが、球が)。最後は落として空振り三振、見事に楽天初優勝となりました。ここでまたあれだけ投げられるのは並大抵の精神的なタフさではありません(昨日あれだけ打ち込まれたのがよほど悔しかったのでしょう。シーズンを通してもあれだけ打たれていたのは記憶にないので)。


 何よりチームが一つになっていました。
 
 
 ここは寒いですが、寒さも吹き飛ばしてくれるかのような熱い結末でした。星野監督にとっても意外や初の日本一でした。東北に本当に希望の光を与えてくれましたね。ましてや9年前を覚えていたら目も当てられないような寒いチームでしたので(1球団だけまるでプロレベルではなかったー全体的に)。信じられない気持ちでいっぱいです。

 
 東北はもともと巨人ファンも少なくないので、そういう意味では巨人ー楽天というカードはいいものになりました。巨人も強かったが、打線が昨日のようにはつながらなかった。阿部捕手がブレーキになっていました。ただ外すということはできないので、打てずとも捕手としてはそれだけでよくやっていたのでそうやたらには責められません(それだけキャッチャーはいろいろ神経を使うということです)。
 
 
 後1本が出なかった。いいピッチャーが多かったのもありますが、得意の形になかなか持ち込めませんでした。中継ぎ、抑え専門では巨人の方が上で、戦力的にはより上でしたが。杉内投手はノックアウトという形であまりいい結果を出せませんでしたが、7戦目まで来たことは凄いです。
 
 
 ましてや誰も負けをつけさせることができなかった田中投手に初黒星をつけているのですーしかも打ち崩して。これだけでも凄いことです。巨人の意地も見せてもらいました。追い込まれてからの。そこで或は結構力を出してしまったかもしれませんが。
 
 
 いいシリーズで、これだけ熱く見たのは日本の野球では久しぶりです。ありがとうございました。楽天「日本一おめでとう」。東北からの「日本一」いい響きです。巨人は巨人で強かったので下を向く必要はありません。雪辱を胸にまた強くなるでしょう。

 
 いいものを見させてもらいました。
スポンサーサイト

〔テーマ:プロ野球ジャンル:スポーツ

 









        
 
http://sennosedoriaucgiri.blog62.fc2.com/tb.php/812-6e9d7112
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。