categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category本・雑誌

宝の山 目の保養

trackback0  comment0
 久々にいろいろと知り合いのところなど回り見てきました。
 
 あるわあるわ、いいところには埋もれています。宝の山が。いや、一般の興味ない人から見ればクズかもしれませんが、実際はなかなかのもの。
 
 得てしてこういうものほどなかなか出ないのですが、所有者が亡くなると出てくるものもあります。出てきて「ああ、あの人が亡くなったんだな」とわかるものもあります。そういうものは幾度も見ています。寂しさは募りますが。
 
 
 ざっと見て、軽く1棚軽く1千万以上するものもありました(本棚そのものではなく、その1棚というレベルでーその本棚でマンションが買えてしまいます<笑>。恐ろしや。昔は確かに安かったので買った当初はそんなに出していないようなものもあり、なかなか真似てできるものでもありません。もちろん、もとより高いものもあります。

 
 1冊あるだけでも奇跡なのに、それが2冊もあるというような神レベルのものも。その希少性から値段が上がることはあっても下がることはないようなものも。


 こういうものはいい目の保養にもなり、刺激にもなります。状態の良さも。メラメラと刺激にもなります。展覧会などとはまた違った趣きもあり、人となりも見えてきます。
 
 
 1日にしてならず。それらのものに巡り合えるとまたわくわくもします。さすがにそこまで凄まじいのはそうそう出るわけもなく、お金があったとしても買えるものでもありません(こういうものは本当にタイミングです。それを逃せば一生手に入らないものもあります)。ただ積み重なれば形になっていくものもあります。
 
 
 そんな物凄いものを探してまず出会えることはほとんどありませんが(もとからそういう目的で行くと肩透かしを食うことが多いです)、まれに光るものはあります。それを見出せるかはその腕次第です。
 
 
 何万、十万、何十万とするものがほいほいとあるわけはありません(それらをはるかに超えるようなものは本当に運とタイミング次第です)。そういうことを考えるといいものを引くことは難しいです。
 
 
 が、ないわけでもありません。嗅覚を磨けばあるいはあなたの手に来る日も来るもしれません。おいそれと見つけられないので買うと決めたら買う決心も必要です。
 
 
 そこでみないろいろ苦心します。簡単に手に入るわけでもありません。どういうものが、と傾向を覚えたり、記憶したり、場所柄を見たり、人の流れを見たり、ライバルを見たり。いろいろと自然と覚えることもあります。
 
 
 各地でとなるとやたらと慢心になる客もいます。文句を言う客も。ただ、得てして大したこともないのに難癖をつけて文句を言う客ほど大したものを買っていかないのは昔からですが。文句を言う前に腕を磨きなさいと。より買われていると思うのなら現段階でそれはあなたのレベルをずっと凌駕しているということです。それはそれで実は凄いことなのですが。それができるということは。少なくとも思っている以上に知識もいりますし。同じことができるかというと難しいですし。
 
 
 そうしたレベルを維持するのも大変です。腕が鈍らないようにしなくてはなりませんし、実際既にかなり所持しているのにそのためだけに行く強者も確かにいます。ましてや全国から来るところなどは物好きが多いですし、激戦にもなります。もしかしたら相手は日本屈指の腕を持つ歴戦の強者かもしれませんし、そういう場から学ぶことも少なくありません。学べるかどうかはまた別ですが。
 
 
 今はハイテクもありますが、オーソドックスは何気にいつの時代も強いです。本気で極めるのならそちらの方が楽しいですが。見つけてぐっとくるのは同じですが。問題だらけの某法案について考えていたら違うことに。それはいずれまたとして、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
 









        
 
http://sennosedoriaucgiri.blog62.fc2.com/tb.php/814-72b1f566
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。