FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryその他

2014年、明けましておめでとうございます。

trackback0  comment0
 明けましておめでとうございます。2014年になりましたね、もう。年末年始と忙しく、ほとんど不在でした。ようやく戻ったものの疲れは抜けません。有楽町付近の火災は東西南北にも影響を与え、新幹線、東海道線ー一部も含め、複数以上の電車が使えなくなり、大混乱しました。あそこまで影響が広がるととんでもないことになりますね。改めて密接型の交通機関の弱点も思い知らされました。
 
 
 フィギュアも決定しましたね。女子は全体的にかなり点数が高めでした。鈴木選手も良かったですがーとても、リズム、一体感もありましたし、表現もーただ点数は高かったです。200少しオーバーするかなという感じで見ていましたが。

 
 村上選手も切れていましたが、200オーバー化というとう~んとなってしまいます。吹っ切れてはいましたけどね。確実に良くはなっていました。浅田選手はあの出来で200、近い199というのは高すぎでしたし、結構ミスがありました。練習時にトリプルアクセルタイミングが合っていなかったので、大丈夫かなと思って心配していましたがやはりダメでした。

 
 1回目失敗の後、その滑りと表情から2回目も行くと思いましたが、結果的に2つとも失敗。ただ挑戦できたことには意義がありました。ただ彼女が唯一女子でトリプルアクセルに挑んだと決めつけている方も多かったですが、出場選手にもトリプルアクセルに挑戦していた選手はいました。有名な選手のものだけ見るのではなく、できれば他の選手のも見てくださいね。


 ただ、これで女子は鈴木選手、浅田選手、村上選手ー男子は羽生選手、町田選手、高橋選手と決まりましたー個人は。調子で見れば小塚選手でしたが、実績、今季の成績ー強さで見れば高橋選手だったので、残念ですが彼にとなったようです。勝負強さでも。
 
 
 後はソチに向けて万全な状態で望んでもらいたいです。後悔なきよう。
 
 
 シューマッハ氏の意識不明の危機など思いもよらぬ大ニュースなどもありましたが、今は比較的良好な方へ向かっているようで良かったですー意識不明はまだ続いていますが。セナのあの事故を思い出してしまい、もどかしさもありましたが(レースでなく、スキーだったということも。そんなことで死んではいけないと)。あの頃は彼ですらそう上に上がれぬほど他に強い選手もいましたが、何人も。帝王時代を経て、今に至るそれを考えるとまだまだ死に場所はここではないなと切に思います。
 
 
 一日も早い回復を祈りたいところです。
 
 
 ■追記 2014-1.16

安藤選手は初日の演技でもう厳しいとすぐにわかりましたが、案の定フリーは体力が持ちませんでした。ミスも多く、何より全くスピードのキレもなく、止まっているようでした。その差は次に滑った今井選手のスピードと比べれば全く別物だとわかります。今井選手も今期見た中では一番よく、スピードも落ちませんでしたーミスも少なくなりました。185というのはですぎですが、宮原選手の191も。ともに今後を担ういい選手なのは間違いないですが。

 
 ただ、彼女がこれに賭けていたのは重々わかっていました。仮にきれいにまとめようとしても、もはや勝負に行かざるを得ない点が出てしまっていたので、結果的には変わらかかったでしょう。何よりスタミナが持ちませんでした。やはりブランクは大きかったですーここまで仕上げたのはさすがですが、練習量、試合勘は圧倒的に足りませんでした。あの涙はもしかしたらという気持ちもあったので、自分の演技ができず、悔しいというものもあったかと思います。それをばかにするようなことを言う資格は多くの人にありません。これで最後ということで引退を発表されましたが、それでも最後にこの舞台で滑れたことは記憶に残るでしょう。

 
 フィギュアを支えてきた1人でしたので。ただブランクが長すぎました。今後はフィギュアを教える側などにもなりたいとのことのようです。日本のフィギュアの底上げに貢献してくれるのなら、それもいいことですが。お疲れ様でした。最初にやめた時がピークでした。4回転の安藤と呼ばれていましたが、女子でそれをというのはトリプルアクセルよりももっと難しいことでしたが、結局は封印した形で総合力で挑むことが必要でしたー彼女の場合、それが活きていました。今はゆっくりお休みください。

 
 五輪の後に引退する選手も何人もいる予定です。それも日本をまさに支えてきた高橋選手、浅田選手、鈴木選手ら。人気も担ってきて引っ張ってきただけに影響は小さくないでしょう。特に女子は深刻です。人気、実力ともに。今の選手はさらなる精進を期待します。男子はまだいますので層は厚いですが、これまで見てきたファン層が今後どうなるかも少し心配です。五輪後も盛り上げてくれるといいのですがー押しが強く、特定の選手ばかり応援というのがたまにキズでしたが■
スポンサーサイト
 









        
 
http://sennosedoriaucgiri.blog62.fc2.com/tb.php/819-8ca09fac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。