FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryニュース

やや熱くなった

trackback0  comment0
 やや熱くなってしまったようだ。確かにミタリポフ博士の例もあるし(重要な発表での取り違えなどの単純ミスなどー
ES細胞における画期的な発表であったーあの事件以後の。根本的には捏造と片づけられたー捏造も確かにあったー誰も再現できなかったそれを近年、同種の手法で多くのES細胞を。韓国のそれは数個レベルだったーこの捏造以後いかがわしいものに見られた暗黒時代があった)、性急すぎるというのも乙なものか。確かにこうしたものは積み重ね時間もかかる、そのこともわかってはいる。だが。


 ただ、今回の写真のそれは2重貼りで説明というよりも、昔の論文で使ったものをそのまま使ってしまっており、これをSTAP関連でというのは印象も非常に好ましくなく、単純な取り違え、ささいなミスだよ、ささいなというのは非常に理解に苦しむ(本来であればありえようがないー急いでいてもさすがにほぼ気づくレベル。え?同じものなの、と自分でやったのならなおさらに。むにゃむにゃ寝ぼけていたとしても、見直しすらしないのかと思ってもしまう。期限が迫って全く気付かなかったと最大限考慮しても、にしてもなぜこの写真が用意してあったのかが説明がつかない)。

 
 プロトコルにしたってささいなミスだよ、ささいなー問題ない、STAP細胞は間違いなくできているというにはーもとの意味合いでの初期化というものを否定しているような形になっているだけに、本当にそれはあったのか、やっていたのかとなっても仕方がない面もあるー最大の肝であったものが無きに等しい発表だっただけに。共著者たちはどうした?確かに名義だけ貸すことはよくあるが、少なくとも名を連盟にしていることは事実として認知しているということ、ではこの段階で

 
 これでどうしてできたと言えたのか、何を見たのか。何をしてそこに至ったか。
 
 
 やったのか?本当にやったのかと、或はやってしまったのかと思われてもしまう。今の時点では仮にそれがあくまで正しいと仮定したとして再現できたという言えないーつまり証明しえないものになってもいる。あくまで正しいと想定して。もともとまざったり、或はまざってしまったり、意図的なESなどの混入はその才除外するとして。当初すぐに思ったのは未分化の細胞の勘違い。
 
 
 検体などは当然、確認されるべきだし、本来本当に自信があったのならーそこまでの世界的な大発見だったというものだったのなら、分けて確かめてもらうことも重要だったはず(若山氏のものはそれとあったようだが、当事者の個数が食い違っている。結果意味のないものになってもいる)ーここまで発表していて隠す意味があまりわからないーこの時点で追試ー再現成功となればそれは技術的にできたことを意味するからだ。またそのままの通りに発表して教えたとしても支障はなかったはず。本人だけの再現はまるで意味がなく、必ず第三者が成功するー再現できることが最低条件であり、絶対条件でもあるからだ。だからこそ当初の出し惜しみ対応にも?となった(研究とは別に、何か別の意図でもあったのかとも見られてしまいかねない)。
 
 
 何か報道も変だが、30歳と言えば立派な成人であり、保護していい子いい子ねいい子ねしてもらうお子ちゃま、お嬢ちゃまではない。ましてやあなたは実際上の主筆とされる。女の子だからという風潮もおかしい。それとは全く別問題。発表をするということは当然説明責任もあるわけで(それとは別に税金も投入されているものでの研究ですし、基本)、あれだけ大規模に発表しておいて(通常ここまではならないので、あの時点で極めて異例と言える。そういう場所を用意したということはマスコミだけが勝手に騒いだわけでもないー確かに、意味不明な持ち上げ方はされていたようだがリケジョとか、割烹着を来たかわいらしい天才研究者とか。世紀のと騒いだのも事実だが)

「後は想像にお・ま・か・せ

ではさすがに、ね。それはいただけない。ここまで後手後手に理研がなってしまったのは結果的にどんどんと瞑想、もとい迷走する方向へ行ってしまっている。その結果どんどんと状況は悪くなってもいる。心象もどんどん悪くなっている。自分の言葉で説明するのが良いと思うが。STAPはできている、事実と思っているのならそれはそれで今の状況に対し、言葉が必要なのでは。にわかには信じがたい現状で。ささいな、ささいな問題ではないとするのならなおさらに。


 ■ちなみに理研の年間予算は1年で900億弱、そのうちの約90%以上ぐらいが国からのお金、ほぼ実質9割以上、国など予算。数千人もの人材がいるマンモス研究所。iPS関連などは関西の京都大学など拠点に100億弱、他の主要なところは10億弱と結構な開きがあります。そのため、研究予算的には厳しい面があるのも確かです。海外では大きなところでもっと莫大なお金が使われていますから、拠点で集中して使われた方が、という考えからの大幅配分となりました。そのため、功を焦っていたということも実際にはあるでしょう。

 3・13 今回の件は1研究者レベルの話ではなく、日本の科学全般への信頼問題にも関わる、まさに根幹を揺らしている最中であり、社会とも大きく関わりのある話です。日本の科学信頼そのものもこのままでは著しく損なう恐れもあります。既にただ騒ぐ騒がないというレベルですらないのです。

根は根深く、日本の教育問題や倫理観というものにまで及び、些末な出来事などと笑っていられる現状にはありません。ポスドク問題や、仮になれたとしても、なかなかままならない現状が実際にはあり、特に若手には研究者という立場は不安定なままです。そのため、まずはインパクトを重視するようなところもあり、奇をてらったものも残念ながら少なくありません。

 ただ、それでも予算がつけば何でもアリなのであれば日本の科学への信頼はより崩壊します。これは長らくブラックボックスにもなっていました。国費投入のモノも多く、本来はもっと精査されてしかるべきものばかりです。近年も研究費を巡る問題はあちこちで出ていますが、そうしたことがありつつも、なぜか研究出来ていたりもします。また本当に実用性があるのかというものにまでお金が使われている事実もありますーもちろん、国のお金、税金から。100年経っても実現しないだろうなと思うようなものまで大きな予算が突いたりもしますから学者様様です。襟を正さなければなりませんね。

 
 莫大な資金が投入することを可能とする特定国立研究開発法人指定からひとまず理研は延期されました。まあこれだけの問題がある中では当然の反応です。どういう形にするつもりでしょうか。落としどころを探っているのかもしれませんが。これのために発表を遅らせているのではという声もあったくらいです。それだけ影響はどでかいのです。だからこそ逆にそれで大きなインパクトを示して狙ったのでは、と思われてもしまうのです。今のままでは再現できたと言われても説得力がありません。


 また名義貸しでハクだけをつけたり、またそれで通してもらうこともよくあります。そういうことで通ってしまうものも。本数を競っているわけでもないのに、本末転倒な場合もありますーこれだけやっているんだぞ、と。言葉は悪いが昔の名前だけで生きている人もいます。そういう人たちが未だに権威ともてはやされたりしている現状は、いささか残念です。また査読も機能していないようならそれはそれで問題であり、何をやってきたんだとされかねない現状です。何でもありなのかと思われてしまえばそれほそれでコンセンサスが成り立ちがたくなります。そういう認識が広がればより。


 そういう意味では事件と呼ぶほどまでの衝撃を与えていることは確かです。その衝撃度は日増しに大きくなっています。なあなあで終わるのが一番怖いですね、これは。■
スポンサーサイト

〔テーマ:気になるニュースジャンル:ニュース

 









        
 
http://sennosedoriaucgiri.blog62.fc2.com/tb.php/839-106fb7e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。