FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryニュース

では何であろうかと考える

trackback0  comment0
 なかなかお疲れの様子、ああいう形では疲れもどっとくるでしょう。お疲れ様でした。ただ、それと、有無とはまた別。
 
 理研の会見「故意」ではないとしたら、何なのだろうかと、ふと考えた。
 
 それは「来い!ではない」ということなのだろうか、それは「恋」なのだろうか、それとも「好意」なのだろうか、はたまた「行為」なのだろうか、はたまた「厚意」なのだろうか、それとも「後遺」を恐れているのか。「後遺」はないということを強調したいのか

 
 と、冗談はさておき、

 
 最初の方に結論をノベルが、既に何らSTAPができたという物証はなく、そもそもその手順すらも杜撰な内容の論文の中のものであり、もはや信頼のおけるようなベースにはなく、いくらあると言い張ろうが誰も証明し得ないのでもはや幽霊のようなあるかないかというようなものですらもなく、現時点ではSTAPなるものはないと言わざるを得ない。

 
 この点でもはやないと言わざるを得ないものを第三者に求めるのは無理難題というもの。ただ、理研を少し弁護すれば、恐らくもしかしたら今回の対応次第では執筆陣、もしくは理研などが何人かに対し、処分ないしは解雇処分をしたら「不当な解雇」だと訴えられる可能性もあるのでより慎重にもなっているのだろう。これは非常に好意的な見方。


 ただ、今回の事態は異例な事態であることも付記しておこう。甘い形になれば間違いなく理研そのものにも直接跳ね返ってくる、より大きくなって。正直、板挟みだろう。このまま甘かったでかわそうとするのなら少し筋が違うだろうし、そこは研究に携わる姿勢が問われるし、ここまでの事態に対する国内外の示しが、けじめがつかないのではないか。ただし、相変わらず、自らの保身も見え隠れはするー細かいことまでは知らなかったのは確かだろうが。

 
 最大限好意的に見て、
 
 何人もの研究者の小保方晴子リーダーへのあまりある好意を感じる。通常ならここまではいかない。よほど好意を抱いていたか、それとともに、自分の感覚で「それだ!」と飛びついたのかもしれない。

 
 仮に笹井氏・丹羽氏らが小保方晴子リーダーの「STAP」を知り、「行ける!」と思っていたのなら盲目的に走り出していたとしてもおかしくない気もする。もともと、ここでのAOでの理研側のこの「STAP」のインパクトは強かったらしく、上層部も「STAP!」となっていたようにも感じているから、期待度はそれなりに合ったのだろう。

 
 もちろん、京都勢の山中教授らのiPS発見、創出により、日陰を見る目にもなった面もないとは言い切れず、ES細胞のそれはやや後退したような印象も持たれていたから、「出し抜いてやる」というような気概はあったかもしれない。それはわからないではない。
 
 
 もちろん、それがそれと認められれば、多大なる発見として大々的に宣伝され、またそれにより莫大な資金も開発・研究補助として見えてくるから、理研そのものが全く無関係だったとも思えない。もともと、オーケストラーのようなものだったとして、総合プロデュース的な立場には副センター長の笹井氏の存在が大きかったのだろう。
 
 
 あたかも、それが初期化の根源とでも言えるかのような壮大なものとなり、全てはその付属物でしかないようなものであり、「STAP」こそがというのが当初の彼らの主張だった。ヴァカンテイ教授や大和氏が大味を付けたものをさらにスパイスして。ヴァカンティ教授側にしても共同的な立場であるのならその確信で得るものも大きいし(自らは再現できてはいない。そのため、恐らくそうした人材を必要としてもいた。自分のそれを補強してくれることも含めて)、今切りたくはないという現実的な問題はあるのだろう(論文の撤回は白紙ー具体的成果なしをも意味する)。
 
 
 ただ、盲目的にここまで突っ走ってきたとしたら、最初から答えありきなので、小さなことは目をつぶってでも、となるのもわかるが、腑に落ちない点も幾つも幾つもある。ただ当初よりお気に入りだったらしいので「STAP」に賭けてもいたのだろう。
 
 
 また発表前から、理研の広報も絡んでいたともされているが(中日新聞などにより)、であれば、理研も個別にお任せとは言えず、彼女をまるで大スターであるかのように押し上げるべく、恐らく笹井氏のプランにのって進めていると思われるから無関係とは言えないーこれは理研にとっても大きくプラスと見ないとここまではしないので。ただ、これがそうでなくとも、やはりこれは一大事と見ないとここまでの発表にはならないので理研がこのSTAP発表に力を入れていた事実は変わらない。
 
 
 そもそも、当初から割烹着やら、研究に関係のない生物やら、妙に色づけられた部屋などでもおかしいとは思っていた。それもやらせーこの日のためだけに用意されていた演出であったともされているが、そもそも、通常、そんな長らく使い回された数十年以上もの私物を実験室で着るということ自体、やる気がないとしか思えなかった(実際、新しいものにしか見えなかったし)-そんなものがあれば普通に実験して微細なものをという際にはより慎重になるものであり、当初よりなめてるしか思えない感じはあったーなぜか大絶賛ーいい子話になっていたがとんでもない)。
 
 
 ■たまに着ていたとしても、あの姿は明らかにマスコミ用、広報用に練られたもの以外ないように思えるーあまりにも不自然■

 
 妙に色づけられた部屋など普通に日本では予算として一般研究費にはできないだろうーより厳しくは見られるー研究のために必要なものかと言われれば全くなくともいいので、直接関連しているのであればあれだが、研究費関連とは認めがたいし、本気で信じている人間も多かったので愕然ともしていた。ああいうものはこういう時のためですよ、という何かの催事か、プレス用の何かなどでないと必要な予算とは見られないので、まさか日常的に日本であんなところで本当に研究している人が、と思う人がどれだけいるだろうかと思ったが、甘かったようだ。リケジョなど勝手に囃し立ててもいた。
 
 
 ■逆にこれで予算をつけていたのならなおのこと精査して見なくてはならなくなる。どういう形で予算に組み込んでいたのかも問題だ。小保方チームの部屋でこうなっていたのであれば、こうする必要があったのかー仕事に関連するものと言えるのか、この費用は何ですかと突っ込まれればなくてもいいのでこれはこれで問題のように思える。予算の計上としては認められないと■

 
 あまりにもSTAPの歴史的意義を強調するのも、割と冷静に見ていた(確かにこの時はしてやったりだったのだろう)。寧ろ、妙な持ち上げ方が逆におかしかった。

 
 一泡吹かせるつもりでもいたのだろう。「STAP」こそが。再生細胞における本命だと。時は絶好調であるかのように見えた。だが。



 
スポンサーサイト

〔テーマ:気になるニュースジャンル:ニュース

 









        
 
http://sennosedoriaucgiri.blog62.fc2.com/tb.php/841-dba8ef71
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。