FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryニュース

STAP不正 小保方晴子ー笹井ライン 

trackback0  comment0
 忙しくほぼ連日他県などを回っていました。


 理研の最終報告で小保方晴子ユニットリーダーのみ不正と認定されましたが、笹井氏、丹羽氏などは不正なしとしてラインを引かれ、予想通りに小保方側が弁護士を立てて対応。理研の動きの鈍さが目立ちました。

 
 そもそもSTAP論文は小保方晴子というその名前よりも、


 もっと重要な一流研究者として世界的にも知られていたES細胞研究ではiPSに抜かされるまでは最先端の研究をしていた笹井・副センター長や、マウス作りの達人で世界に名を知られた若山氏、実践的な研究をしていた丹羽氏らによる名前が大きく、彼らが担保したからこそ一時的にでも信頼を得たと言えます。そこをまず見誤っている人間が多い。彼女だけだったのなら突き返されて終わりだった可能性の方が高いです。



 その一流研究者たちも加わり、担保していたからこそ、Natureも反応もしました。その面で大きな責任があるのは当然。またその過程で勝ち馬に乗ろうと名ばかりで共著者になろうという人間も少なくない、昔の関係だけでーというのは正直ちょっと恥ずかしいが。


 ただその後の過程で画像切り貼り、コピペ、意味不明な流用同一画像ーここらは若山氏がやってきたことの真意が見えなくなったとするところーマウスでの不認可(ES細胞すり替えでの可能性高かったもの)、

 
 提供されたマウスの別系統の提供(本来、これほど大掛かりなことをやろうとすれば必ず厳密な確認をします。間違いないよう。最も重要なものの1つなので。それが違うというのは意図的なもの以外ほぼ考えられないーこれでSTAPのそれを作ってくれというのは明らかにだましの意図があったとしか言えない。別のモノでそう言っているのだから悪意のある提供以外にはない。或は共謀していて寝返ったか)、正確な確認の上ではなく、その他の要因も考えられる光の確認のみ(それも別の要因でのものもぬぐえない)
 
 
 というお粗末な事態が発覚し、実験の有無すらももはや問われている事態です。結論に影響しないか、

 
 誰が見ても結論には大きく影響している。STAPはないに等しい仮説

 
 一体どのような顔をして出て来るのか、どんな顔で何度も見ていると言っているのか。客観的証拠なし。今の段階で、正直、ヴァカンティ師のところを除けば再現に望むところなどないだろう、理研以外。写真を新しい正しいものを提出した、そしてそういうことは不正があったならば自らするだろうかということだが、それも問題がざわつき始め、このままじゃやばいとなっていた3月9日くらい。すぐに出せない後から出したものなど信頼されはしないし、自分からでなく、実際は問題が起こってからだ。




 しかも本来、疑われた時点で潔白を証明するために本来は素材を提供してしかるべきであった。それもしない、ないという。実験ノートは3年で2冊。


 3年で2冊、3年で2冊?
 
 小保方~!

小保方~!


 通常は考えられないし、電子データがあったとしても本来、調査請求している段階で提出しなければならないはずであってそれができないということはないとみなされるのと同義。これはNatureも写真などについて語っていることだ。

 
 そもそもなんで私物パソコンで仕事しているんだ。普通の会社ならありえないし。私物持込みすら禁止される。自分ですることももちろんあるから、そういうことが全くないかと言えばそうではないが、それでもほぼそれが主体ということはない。自らそれらを提供できない時点でお里が知れている。


 
 実験ノートは個人のみならず、研究室、研究所そのものにとっても大事なもので欠くこととのできないものだ。それは本来、再現できる形で示されていなければならないー基本中の基本。そしていざという時に最も大事なものの1つ。
 
 
 それすらなおざりで、追跡できないような稚拙なものならその時点でたかが知れている。電子にすることもあるが、やや楽なように見えても媒介としては凄まじく効率的というとそこまででもなく、またデータなので消去されてしまう可能性もあり、従来の手書き+貼り付けという人の方がまだかなり多いというか圧倒的に多い。
  
 
 ビデオ、録画などはそもそも編集もでき、改ざんもでき、あたかもそのように見せることもできるので、基本、全て見通さなければ客観的なものとみなすのは難しい。

 
 本来、研究所などで実験ノートのそれをチェックする人はいるし、本来、ほぼ研究に携わる限り、毎日つけるようなものであるから、科学の実在の実験を伴うもので1年で2冊すらも考えられない。3年なら2桁は超えるノートの数にもなる。それが2冊。遊んでいるだけなんじゃないか、と思われてもおかしくない。ショッピング、お好きなんですか?

 
 これだけでたらめな要素があるのに、これで文句付ける神経を疑う。正直、非常に多くの研究者、及び実験に携わる人、企業の研究者も含め、大変迷惑している。というか、一連の騒動でほぼ害しかない、信頼の有無も含め。このようなこともあるというのが出たくらいだ、せいぜい。
 
 
 日本の研究者がどういう目で見られているか知っているのか?これが結論なら日本の研究はもう信用しない、今後は日本人研究者のそれは慎重に検討する、もう雇うのもどうか、など海外の著名機関に属す人間も語っているほどだ。全般的に少なからず影響はあるだろう。これで居直るような人間にどこに倫理があるのか、と。

 
 そしてこれはこれから行こうとする研究者や若手にも当然関わってくるし、より厳しくも見られるだろう、内外問わず。社会に影響はないか、著しく信頼を落とす行為であり、既に多大な影響はあるーそう思われるだけでも大きなダメージなのだ。今もダメージを与え続けている。


 さて、筑波大学で同様の論文の不正などあったが、どうなったか。
 
 
 生命環境系の柳沢純教授と村山明子元講師らが発表した論文のうち計30本のうち3本で、画像の切り張りなどの不正行為が見つかり、自ら退職している。筑波大学はさらなる処分を検討中。両氏は、昨年43本の論文不正が発覚した加藤茂明・東京大元教授の研究室の出身。

 
 「セル」などに掲載した論文3本の中の四つの画像で、切り貼りや、使い回しが見つかっていたー筑波大学の調査で。再実験で同様の結果になったため、全体の不正ではなく、結論は正しいとされた。それでもやってはいけないそれであったから、自主的に退職している。
 
 
 さて、今回はどうか。このような件で4人もの弁護士がというのは聞いたことがない。しかも論点が意味不明。悪意がない、現実に全く違うものが存在し、しかも最も重要なものであるものに多くの痕跡が見える中で悪意がないとは何を示すのか。
 
 
 「人権侵害?」-意味不明である。そもそも、人権うんぬんはそもそも関係がなく、説明責任を怠ってきたからに過ぎない。論点すらずらしている。


 報道は過熱気味だが、もともと発表を用意したのはそちらではなかったか。またこれが日本の信用を大きく落としているということも関連があるーそれだけのことをやっちまったということだ。当然、反発も強くなる。再現実験に約1300万。ましてや主筆、相応の責任は伴うー説明しないで雲隠れー研究者のあるべき態度ではない(理研がストップさせていたとしても)。どこまで甘えているのか。
 
 
 うちわもめ。笹井氏、丹羽氏など上層部も含めた文も見えないし、そもそも理研がオーケーしたのと同義ではなかったか。どう結論づけるつもりだろうか。小保方晴子ユニットリーダーとは1年の契約更新(結論出ずとのことで。解雇になってもこれまた予想通り不当解雇だと動くだろう)。小保方晴子、彼女はきっと「理研にいる私」が大きなステータスとなってしまっているのだろう。

 
 ■小保方晴子優秀?日本で合わないのなら海外で?誰がそんなことを言っているのか。少なくともヴァカンティ師以外のところでそんなことを言っている人間は海外ではまともに研究している人たちにはいない。即座にクビ、レベルだが。こんなことをしでかしていれば。寧ろ、擁護の理由見当たらない。日本で擁護しているのは理解していない連中かー未だに真として見ている、彼女をアイドル化して偶像化している連中か、陰謀論にはまっている人間ばかり。■
 
 
 春は遠いようだ。この辺りは。
 
 
 

 

 
スポンサーサイト

〔テーマ:気になるニュースジャンル:ニュース

 









        
 
http://sennosedoriaucgiri.blog62.fc2.com/tb.php/855-593fba91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。