categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryニュース

火星が最も近くに見える日 4月14日 今日

trackback0  comment0
 一般的に認知度が凄く高いわけでもありませんが、「テラフォーマーズ」の舞台ともなっている火星、今日は地球に火星が最も近づく日です。火星最接近。2年2ヵ月に1度だけ最接近します。前回は2012年。

 
 2012年のそれよりももっと近づきます。近年で一番よく見れたのは2003年のもの。月の少し上あたり。晴れていれば夜に見えるでしょう。1等級なのでよく見えます、肉眼でも。

 
 あれが「火星」かとでも思えたら、少しは近くに思えるかもしれません。


 火星に到達した人類はおりませんが、現代のそれでいけないわけでもありません(実際、計画は進行中です)。ただ、1ヵ月以上もかかり、燃料の問題や食料や万が一の際などに補給が時間がかかってしまうのと難しいのがあり、命懸けの旅になってしまいます。異常があり、対処できなければ最悪戻れなくなる可能性も。現実的にはまだまだのところです。

 
 ただ、時折、空を見上げてふと「火星」が目に入るのもそれはそれで心地良い瞬間かもしれません。毎日のように見れるものでもありませんし。
 
 
 ■月の左横にちょこんと見える形にもなっています。実際、火星の方がずっと遠いですが、すぐ近くにも感じられる不思議な日です。最接近は2年ちょっと(2年2ヵ月)に1回なので100歳まで見ても50回も見れません。小さい頃などやほとんど見ていない人も多いと思うので、実際、20年でも10回も見れないのでこういうのを楽しみにする日もいいかもしれません。■
 
 ■一番近くに見えるというのが14日でした。すぐには遠ざかるわけでもないので天候が良ければまだ明日以降ももう少し火星は見えます。■
スポンサーサイト

〔テーマ:気になるニュースジャンル:ニュース

 









        
 
http://sennosedoriaucgiri.blog62.fc2.com/tb.php/858-bb995898
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。