FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryニュース

なぜか、と久しぶりに戻りました。

trackback0  comment0
 久しぶりにこちらに戻ってきました。ワールドカップも始まっていますね。わくわくです。STAPはまだやっているのかと(どうやって渡していたのかも、ということはおねつですよ、ということもわかっているということですが、とうに)。自民もむちゃくちゃ、これは根本的な大問題なのでいずれ集団的自衛権は取り上げます。

 また相変わらず、外国の世間体を気にしたhぷ率を通そうとしているが、それで海外の犯罪率は下がっているのかい?むしろ、その手のモノは増えているだろう。隠せばいい、見せなければいい、禁止すればいい、なくせばいい、安易な話だ。それでどうするのかという抜本策はどの国も見えない。犯罪を抑えるということはそう単純でもない。実際にそれで犯罪率が上がった国もあり、かつては日本もそうだった。
 
 見てくれの問題ではない。寧ろ、90年代以降のアホな法律で、または理想としているだけの条例なども加え、自分たちの手でその種の趣向性の価値を高めてしまったことすらわからないとは。あんたらの責任でもあるが、まるで理解すらしていないだろう。守りたいのは子どもではなく、自分たちの幻想だろう?自分からというのも被害者に加えているのは違うのではないか。

 その種の趣向性は今やとーんとーんとーんと年齢は下がっている。こちらもまた幻想を抱いているわけだが。この種の場合、一程度の度合いは保ちつつ、ある種のゆるやかな範囲で別の方向性へ移動するように、一程度のコントロールをした方が抑えやすい。それは例えば、アイドルとか、別種の形で。それはそれとして残しておいた方が広い意味で無難なものもある。この場合、既に~歳と規定しているところが恣意的である。その種の法律を規定している先進国のうち、日本が一番性犯罪率が低いわけだが(潜在的には多いだろうという人間もいるが、それは他の国も多いし、やはり夜でも女のが一人でも出歩けるようなところは治安は悪くはなく、先進国でも別格だ)。

 そんなことでなくなるというおめでたい思考をしているのなら笑えない。性というものは一定数以上の人間は基本対処できるものだ。そうしたクッションがどこかになければ、現実の対象に直接向かう契機となるだけ。実際、そうなってきたわけだし、ますますそうなるだけ。隠そうとすれば隠そうとするだけ対象に向かいやすいものだ。自分たちで増やしているようなもの。どうしてこう短絡的な思考になるのか。今市についてはもっと早く迫れたはず。不審な車が数日来ていれば、おかしいと思う人間はいたはず。もっときちんと地域も含め、動いていれば、巡回を定期的にするとかきちんと対応していれば別な形にもなったかもしれない。


 さてさて、あれは幾つかブラフも書いたが(それと敢えわかるように)、なぜに、というのは消えない(いや、わかりはするが)。

 なぜ、あなたは2度向かったのか。もちろん、それに気づいたからだと思うが、その時に聞こえたというのがその2度目での音だろう(さらにはなかなか、、、ないなとそれで用意したものでカチボ)。その時に恐らく「ゴッ」「ゴッ」とも。あれに見えるのはそれ。意識していた者に対してより。それが違うもののように見えるのは別種のそれを使ったのではなく、力加減がうまくいかなかったから、その差ができた(この手のものは通常わざわざ2種類も用意しない)。それは女性にありがちなものだ。でもそれは消えていた。歩いて、たり。そしてわたし。今はもう、、、、。さらには別なものも消えていた、それを隠れ蓑に大きなものが。今はもう、、、。

 来ればとでも言われ続けていたのか、またまた自分にまたとでも思うたのかわからねども、内心の圧迫感も強かったろう(それは敢えてくだすこともないことをも意味する)。さて、されどそれは1要素の断片のみ。さてさて原紙は原資ともなり、方方の礎にも。さてさて勢いにも。因果な世の中だ。さてさて、次はやはりワールドカップを少し。
スポンサーサイト
 









        
 
http://sennosedoriaucgiri.blog62.fc2.com/tb.php/864-82113141
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。