FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryスポーツ

へたれギリシャ戦 ザクジャパン

trackback0  comment0
 何とも退屈な試合となってしまった。ワールドカップの日本ーギリシャ戦。

 ギリシャはパスを奪ってのカウンターを狙っていて、退場を出すまでは中盤の底が実質カツラニス選手の1枚だったので、そこを使うことでスペースはあり、まだやりやすかったが、そのカツラニス選手が2枚目のイエローで退場してしまい、11-10となり、10人となったことで無理をせず、0-0の引き分け、うまくチャンスあれば1-0という試合運びにし、より守備的になった。これで難しくなってしまったな、とすぐ思ったが。

 そこでギリシャは底に2枚にし、引き締める形となり、引く形になった。この時点で日本がボールポゼッションで大きく上回るのは当然であった。ましてやコートを支配などしていない。支配というのはゲームをコントロールし、大きく優勢となってはじめて言えること。サッカーすらろくに知らないで支配とのたまわっているのなら1から試合を見直すべき。

 日本は数的優位となったので攻め上がるのは当然として、単調なプレーに終始した。サイドからのクロス一点ばり。ギリシャはサイドは比較的開かせて、中央を固めていたので、単調なサイドのクロスなどは予想済みでそうなるようしていたのでまんまとはまってしまった。高さもあり、軽く跳ね返す。ギリシャが強くないというよりも10人になったことで引かざる得なくなっただけ。10人だが良く守っていた。

 あれだけ固められると細かいパスは通りずらく、打開するには中央でもっとしかけていくべきだった。ドリブルなどやもっと押し上げていくべきだった。またミドルを打ったりとこじ開けることも必要だった。サイドをもっとワイドに使うこともー読まれているサイド攻撃など何も怖くはない。ここにきて中央でボールを取られて一気にカウンターを喰らい、失点し、負けてしまうのを心のどこかでみな無意識に恐れているかのようだった。

 時間とともに焦りからかファールも多く、攻めも荒くなった。内田選手が中に走り込んできてシュートで惜しい場面があったが、本来ああいう押上げはもっと欲しかったし、前半のように大久保選手がもっとしかけても良かった(調子は良かった。ワントップでも面白かったが、そうはしなかった)。ただし、しかけるだけでは意味がなく、ファールをもらうことやフリーなどはむしろ終盤疲れの見えたギリシャの選手を休ませてもいた。彼らにとってはラッキーだった。つまり、流れの中でもっとしかけて攻めていかなければならなかった。また崩すのであれば何人と連動しなくては意味がない。個人で切りかかるのは日本の場合、きっかけ。ワンタッチでの速いパスも欲しかったがーそれも組み合わせてこそ活きる。パスサッカーだけではダメ。

 入る予感のないパワープレー、単調なクロスに終始する日本、肝心なところで足がおぼつかず、攻め上がれない日本。遠藤選手、香川選手の投入も不発に終わった。最初から攻めるのなら遠藤選手は先発で行くべきだったし、入れた意図はわかるが、みなで攻める意識は共有できていなかったーそのズレは顕著だった。岡崎選手ー内田選手のそれを見てもわかる。

 岡崎選手、ワントップ、しまいには吉田選手置いてのパワープレー。追いつめられていたのは日本だった。相手は10人なので基本的に本がある程度ボール保持、持たせてもらえるのは当たり前。一体どこを見て支配していたなど言えるのか。もう1からサッカー学び直して出直すか、見る目がないのでやめるかというレベル。

 交代枠も1枠あまり。ドリブル得意な斎藤選手、しかけのうまい柿谷選手らも使わず。選手のあきらめないという迫力も全く見えず。残念ながら現状は下から数えた方が早いチームレベル。現時点で試合運びもままならない最弱レベルにある。

 他の国の試合を見ていてもその攻撃のスピードの遅さは目に余る。特に本田選手はマイナスからもらっていたとしても、もたもたしすぎて、寧ろ遅らせてしまい、逆襲のスピードはなかった。逆襲のシャアどころか、チームとして旧ザクにも劣らないレベルであった。ザクジャパンー旧ザクジャパン。いや、ここにきて実験段階の生産前の試作品ものだったのかといぶかるほどに。本田選手だけではないが。受けが悪い、持ちが悪い、間が悪いー三拍子そろっているぞ。

 日本の試合はあまりにも遅く、攻守の切り替えものろく、迫力もなかった。点の入る予感はほとんどなく、見ていてイライラの募る試合だった。何度も言ってきたが、ザックのスタイルは一昔前の監督のそれで現在のそれとは差がある。それを詰めようとしているのもわかるし、意図もわからなくはないが、ここにきて選手、ザッケローニ監督ともども見失いかけている。

 運よくいい試合が出来てしまったものが数試合あり、それが今に響いてきてしまっているー親善試合はあくまで親善試合に過ぎず、本番とは別物。勘違いしてしまったんだろうーどこが相手でもやれると。いいサッカーをする時もある、ただそれを常に一定レベル以上でしないと強いチームとは呼ばないし、本番で出来ないのなら意味はない。練習だけ勢いが良くても実際万年補欠だろう。

 特に縦のラインがしっかりしていないのでおさまるものもおさまないー日本のそれでは。それはセンターバック、センターハーフーボランチ、トップ下、フォワードのところがてんでダメ。ボール出しも底からうまくできていない。これではなかなかつながらない。速く手数短く攻めるということも。これならトップ下ないシステムの方がいいだろう。

 日本の試合がどれほどレベルが低いかは他の試合を見れば素人でもごまかせないだろう。コロンビアーコートジボワールの試合を直に見ただろうかーそれと比べればすべてにおいてのろすぎるー違いは歴然。あの迫力、スピード、強さ、タフさ。見ていてもはらはらした試合だった。ドログバ選手入ってから試合は動いたが、ロドリゲス選手が蹴るのをやめ、中に入ってゴール。その後もカウンターから2-0としたものの、ジェルビーニョ選手の3人かわしての切り込んでのスーパーゴールで2-1として、コートジボワールもより前に来てわからない試合となった。

 2-1で逃げ切ったが、コロンビアの強さも粘りもあった。コートジボワールも集中していたし、ギリシャ戦も全力で勝ちに来るだろう。コロンビアは予選勝ちぬきだが、メンバーを落としてもさほど大きく変わらないチームスタイルで巧みさもあり、それでもずっと強い。コスタリカもいい試合をしていた。イングランド、イタリアを破ってのまさかのこのグループ通過。いい攻撃もしていたし、プレスも効いていた。後半はイタリアも点の入る気配はなかった。PKかと思われたそれを流したことで流れは変わった。そのすぐ後に得点。コスタリカにぐっと流れが。

 特に今大会はブラジルで行われており、南米チームはホームのようなものーコロンビアは隣国ゆえ大挙して押しかけて来るので負けるような恥ずかしい試合もできないーマフィアに殺されたエスコバル選手の悲劇も今では懐かしい(1994年のアメリカ大会、コロンビア最強チームと名高かったが、エスコバル選手のオウンゴールで予選敗退。コロンビアに戻りー彼のチームのオーナーは実質的なマフィアのボスだったー、負けて賭けが外れた敵対組織のマフィアが腹いせに友人らと店に来ていたエスコバル選手に12発の銃弾を撃ち込み射殺-27歳で人生を終えた。トヨタでも光った賢いプレーをしていてACミランの移籍も決まっていたー今のように貧弱な弱いミランではなく、強い時代に)。指揮も高い。

 そこ相手に少なくともただ勝つだけではなく(コロンビアはFIFAランキング8位、日本は参加チーム中下から数えた方が早い46位)、2点差以上つけて、その上、黄金メンバーでは最後の大会となるであろう指揮のたいへん高いコートジボワールがギリシャに負けるということを期待しての他力本願。今のままなら及ぶべくもない。1%あるかないか、偶然性を見ても最大5%あるかどうかぐらいだろう、首の皮1枚。だが、いい試合をすれば10%~十数%くらいには上がるかもしれない、それでも20%未満だが。

 流れをつかめ!

 さすれば見えて来るものもあるかもしれない。いい形で試合していなければ流れは来ないが。突然のラッキーで流れが来ることもあるが、雀の涙ほどに可能性は低い。ただ、何が起こるかわからないのもサッカー。向かっていく姿勢がなければ、何もしなければ終わり。

 大会前からいやな予感はしていた。ろくにチームで活躍できていない本田選手(本当に最初だけ。本当は移籍金0で「ちょうどいいHONDA!」として車のCMのようなノリでただでそれでも手に入るのならということで入ったのにー移籍金0でほどほどに活躍してくれればもうけものーついでに財政苦しいミランには助け舟となるジャパンマネー、スポンサーマネーもありがたいものだったー普通、交渉でスポンサーに出してもらえばなどとは言わないー本気で交渉するのであればそういうことはない、あたかもスパースターであるかのような勘違いした記者会見ーそう大きく見せざるを得なかった、10番要求も昔のみミランをよく知るものとしてもいたたまれなかったし、見るに堪えなかった)。ミランにも交渉で足元を見られ、一番時期的に悪い中途半端な時期に入ってしまい、浮いてしまった時期と維持しきれなかったコンディションがあった。試合にろくに出られなかった香川選手も同じ。できればフルに出て試合勘を研いでいたかった。
 
 わかっていたとは思うが2試合という中でのあの展開。今は後1試合しかない。もっと必死さを見せてほしい、いや、がんばってはいるのではあろうが、身体がついてこないのだろう。でも、そこを何とかするのもプロ。このままだと悔いだけ残るぞ。今大会、流れすらも一度も来ていない。そういう試合すらできていないということだ。何のための4年間だったのか。全てはこの大会のためにやってきたことではなかったのか。


 言うのはいい。恥ずかしげもなくワールドカップ優勝と。そのぐらいの気持ちでも(ただ女子が優勝できたのはもともと世界4位と強豪でもあり、後少し足りないことが大会を通じて補えたことが大きい。レベルは男子のそれと比べ格段に落ちるが。男子は46位。寝言でも正直恥ずかしい)。でも今ではあまりに恥ずかしすぎるだろう。このレベルで優勝、、、とね。他のチームに失礼すぎる。ボートでこいで帰ってくるつもりだろうか。一矢報いないと、本当に何も残らないぞ。ただただ、日本代表はクソ弱かったと記憶に残るだけだ。マスコミの言う日本代表歴代最強チーム(笑)と。死に物狂いで魅せて欲しいものだ、終わっていないと思うのなら、あの道が。

 夢の舞台で戦っていてこれでいいのか、ジャパンよ。

 
スポンサーサイト
 









        
 
http://sennosedoriaucgiri.blog62.fc2.com/tb.php/866-9e59a159
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。