categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryオークション

ムンクの叫び偽造絵画販売 youandkensukeほか

trackback0  comment0
 またyouandkensukeが偽造販売しています。絵画の。もちろん、全て偽物ー1000%贋作です。エドヴァルド・ムンク/叫び/真作保証/鉛筆原画/鑑定書

 残念ながらピカソもですが、このあからさまに偽物と誰でもわかるムンクの叫びに入札者がいます。いつもの、偽物ばかり入札してしまっているかわいそうな人たちです。

 いいですか、ムンクの「叫び」は現在、パステルも含め、世界に5点しか存在しません-5作品しかなく、いずれも所在が分かっています。基本的に習作などは軒並みムンク美術館にあり、一般に出ることはありません。また習作の段階で、サインを入れることもありません。

 ムンククラスの有名作は基本知り尽くされています、前のルノワールの習作などももちろん、真っ赤なニセモノです。

 これを本物と称しているようなレベルですかHershは(笑)。世界に5点しか知られているものを。またこれほどのクラスの習作が一般に出ることはまずありません。仮にムンクのもので別のモノが「叫び」が出てくればそれだけで世界的なニュースになります。ましてや別の海外業者が持っていたのなら(100%ありえませんが)、youandkensukeなどの偽造販売業者に任せずに自分で何らかのアクションをするはずです。この時点でも既にありえない話なのです。いいかげんに目を覚ましてほしいものです。入札者たちは。

 それにしてもまだ起業当初で全く立ち行かなかったアリババに先見性を見出し、あの時点で20億もの大金を出し、その後さらに追加出資したソフトバンク率いる孫正義氏(その株式が出たことにより5兆からの含みで8兆弱に)の傘下のヤフオクがこのような偽造絵画販売を常習的に続けている詐欺犯をそのままにしているとは。

 ペルーや、コロンビアなどの鑑定の有無もそのからくりを伝えられますが。政府保証であるがのように見せていましたが、とんでもない。ペルーはペルーで一般に輸出禁止事項のモノー(ペルーの土着伝統文化など)があり、それらに触れないため、輸出許可書などを出す必要があるだけです。


 美術を専門に扱うのなら最初からそうしています。とっくに。まがいものを出してきている時点で察するべきです。もともと大量のマイケル・ジャクソンなどの偽造サインフォトなどを大量に売りさばいたりもしていて、今は単価の高く落札される偽造絵画販売にシフトしています。dandykazu2001からyouandkensukeへほか。

 味をしめて毎週のように数点、偽造品の名作の習作と題するものを出していますー習作は一般的には完成された絵画ではないので基本出されませんでした。ゴッホなんぞは絵そのものが全く売れなかったので習作など出るわけがないのですよ、毎週のように。そのほとんどが美術館に収容されています。一般的にこのようなところに出るのは皆無と思って良いです。ましてやこのような偽造絵画販売詐欺師などもってのほか。万が一にも。 偽造絵画販売詐欺師などにお金をこづかいとしてあげないように。
スポンサーサイト
 









        
 
http://sennosedoriaucgiri.blog62.fc2.com/tb.php/883-98946012
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。